JES International, inc.
Godin TOM ANDERSON HAO L.R.Baggs Amps Other Products home
Victoria Amp Co.
top about models shop
Victoria Amp Co.
models




レオフェンダーが1950年代に開発したTWEEDアンプは50年を経た現在でも他にはない特徴のある図太く歪むサウンドで数多くのROCKやBLUESギタリストに支持されています。VICTORIAアンプはオリジナルの回路、その当時と同じパーツなどを忠実に厳選し、すべて手配線のハンドメイドで当時のアンプクオリティとサウンドの再現に徹しました。同様のコンセプトで製作するメーカーも数社ありますが、シビアなクリティクスで定評のGUITAR PLAYER誌でそのサウンドトーン、完成度、忠実度の全てで絶賛されたのはVICTORIAアンプのみです。


ひとつひとつのパーツを細かく厳選し、全てハンドワイアリングにて配線されています。当然基板などは一切使わずにポイント・トゥ・ポイント配線です。非常に手間が掛かる為、その生産数は限られています。


オリジナルがそうであったように、単板のパイン材を使用しフィンガージョイントにて成型されています。その上にツイードクロスを張りラッカー仕上げ。オーディオの世界で語られているようにキャビネットも非常に大事な要素であり、本物の「箱鳴り」をソリッドパイン材が如実に伝えます。


米国内、日本国内において実機動作確認エージングを十分実施。主にニューオールドストックチューブかグルーブチューブ製チューブが実装されます。


スプラグ社へ特注したキャパシターを使用。古い50年代のキャパシターが持っていたレスポンスを持ち、特にカップリング、ディカップリングにはこだわったオリジナル・カスタム仕様を搭載しています。


オリジナルに使用されている「Allen Bradley」社のニューストックを使用。ローノイズで非常にミュージカルなトーンを持ち、金属被膜やカーボン被膜のものが持つ不自然な堅さはありません。


ペーパー巻き、ペーパー・ボビンのトランスを使用。リッチなハーモニクスを生み、素晴らしいトーンを生み出します。


ペーパー巻きのトランス使用。非常に正確な電圧を得ることが可能で、フィラメント・センタータップによりヒーターハムノイズはありません。



Buddy Guy, Aerosmith, REM, Lee Roy Parnell, Steve Cropper, Dick Dale, Joe Louis Walker, Kim Wilson, Kid Ramos, Brad Whitford, Bob Margolin, Billy Boy Arnold, Junior Watson, Rick Holmstorm, Alex Schultz, Lonnie Brooks, Ronnie Baker Brooks, Carey Bell, Mark Hummel, Jimmy Vivino, Otis Rush, Brent Rowan, Rodney Cromwell, Joanna Conner, Debra Coleman, Jerry Portnoy, Dave Spector, Carl Weathersby, Debbie Davies and more


 

Godin Tom Anderson HAO L.R.Baggs Victoria Amp Phill Jones Bass Sperzel about us contact catalog
Copyright:(C) 2004 J.E.S. International, Inc. All Rights Reserved.