Tomo藤田 in Nagoya with 原田喧太

昨日名古屋でのTomo藤田&原田喧太のジョイントライブ、Guitar Circus Volume 6に行ってきました。会場は名古屋大須のライブハウスEll Fits All。

一部のアコースティックコーナーではTomo藤田氏がゴダンのナイロン弦Multiac Nylonを使用。原田氏はTaylorのスチール弦モデル。

2部は原田氏のバンドKATAMALIとTomoさんのオリジナルで美しいメロディのKYOTO。同じくTomoさんオリジナルのDRIVING IN TEXASではオリジナル・バージョンよりかなりハードロック色の強い演奏。

毎年違ったアーティストとのジョイントツアーを通じて同じ曲でも色々な解釈と表現で曲の印象が変わります。そのコラボレーションをTomoさんも共演のアーティストもしっかりと楽しんでいるようです。

このツアーの最終日は5/20(土)東京・下北沢のGARDEN。中々興味深いジョイントコンサートです。興味のある人、最寄りの人はぜひ。

Tomo藤田オフィシャルサイト


L.R.Baggsの新P.A.システムSYNAPSE:その実力はいかに?

NAMMショーで大きな話題となったニューエイジのP.A.システムSYNAPSE/シナプスの見本が到着。

NAMMショーでは周辺のブースからのサウンドが大きく充分に検証することができませんでしたが、180度のワイドエリアを超ナチュラルなサウンドでカバーするというその実力はいかに?(今年1月のNAMMショー記事も参考にして下さい)

ハワイアン独特のファルセット・ボーカル、ウクレレ&スラックキー・ギタリストの”SHINTARO”とベース&ウクレレ・プレイヤーの”SLATA”のデュオグループ「MINEI」のお2人にライブを想定して試してもらいました。

SYNAPSEは500Wの出力でチャンネルは2系統。3-band EQ、 Gain、 Reverb、Master Volume。各チャンネルにはファントムパワー。入出力はAux InとVolume、XLRのMix InとOut。

リバーブはLong, Medium, Shortで深さのみが調整可能なVolumeのみですが、実にスムーズで自然な響き、デジタルでありがちな、あの冷たい感じのリバーブとは全く異なります。

ミュージシャンの方なら分かると思いますが歌い手の真後ろにP.A.スピーカーを置くということはありえませんよね?50〜100人規模のカフェでライブのイメージで、試しましたが、驚くことに何度試してもマイクのハウリングが全くしません!そしてそのボーカルの声質の再生能力と艶のあるナチュラルさはD-classのパワーアンプからとは全く思えない音圧のプロサウンド。

さらに全員(テストの後半ではスタッフも加わる)が驚いたのは、このスピーカーが180度のアングルのエリアをカバーするということが本当にその通りであったことです。

下の写真ではスピーカーのアングルを大きく左右に動かしています。180度内であれば音質が全く変わりません。こんなスピーカーシステムは他にはないですね。

現在、活躍中のハワイアンミュージックのデュオグループMINEIのお二人に引き続き、50〜100人規模のカフェなどを中心にした実際のライブで試してもらうことになりました。後日ライブレポートとしてお知らせいたします。

Slataさん、Shintaroくん、お疲れ様でした。次のライブで試すのが凄い楽しみです。ということで続編ありです。最後になりましたが下の写真のおしゃれなカバーが付いています。

USA価格は$1,999。日本での価格は近日発表。入荷時期は7月を予定しています。
USA L.R.BaggsのSynapse製品ページ


Session 77 Special – 好評予約受付中!

JAZZ LIFE誌6月号(5月12日発売)は、PJBことフィル・ジョーンズ・ベース関係のニュースが盛り沢山です!

・PJBの15アニバーサリー限定モデルSession 77 Specialの広告
・新製品のキャビネット3種レビュー記事

<限定モデルSession 77 Special>

今年の7月に開催されるアメリカSummer NAMMショーで、フィルジョーンズベースはお陰様で15年目を迎えます。これを記念した特別企画の第一弾(BIGHEADH850の特別価格セット)に続き、15周年企画第2弾として、限定モデル“Session77 Special”を発売いたします。

好評のSession77のボディサイドを木目にした特別なモデルで、限定モデルならではのスペシャルな仕様。より高級感を増したルックスながら、価格はレギュラーのSession77と同じというのも魅力。
6月初旬の販売を予定しており、只今絶賛予約受付中。詳しくは最寄りのPJB特約店にお問合せ下さい。
・ブランド:PJB・フィルジョーンズベース
・製品名: Session77 Special
・カラー: Cherry (4580228399064
P                   Walnut (4580228399071
・価格:  OPEN・実勢売価¥45,000(税別)
・販売台数:150台限定(各色75台)
・発売時期:6月初旬、2017

<新キャビネット3種レビュー>

そして今回のJazz Life誌6月号で、注目のPJBのNEWキャビネット3種類の比較レビュー記事が掲載されています。

  1. CAB47 : 4×7″+3″の完全新作キャビ
  2. C-4 : スピーカーがアップグレードされたベストセラーキャビC-4
  3. C-4 Lite : C4をベースにネオジュームマグネット仕様のNewo Powerスピーカーを採用し、3kgの大幅な軽量化を図ったモデル。

池田達也氏による詳細なレビューは必見です!

当ブログでも、この3モデルの比較レビューを行っていますので、ぜひチェックしてみて下さい。


ゴダン5th Avenueが大幅なプライスダウン!

ゴダン5th AvenueシリーズとセミアコMontreal Premiereの新カタログが完成! 2009年に販売を開始したゴダンの5th Avenueシリーズは世界各地であらゆる音楽ジャンルのギタリストに受け入れられるようになりました。

来年2018年に30周年を迎えるゴダンギターの感謝スペシャルの一環として、5th Avenueシリーズの中で最もポピュラーな下記2モデルを、以前より大幅にお値打ちな価格で提供させてもらうことになりました。

ノンピックアップのベーシックモデル
                  5th Avenue                  
新価格:OPEN実勢価格¥80,000

P90搭載のベストセラーモデル
            5th Avenue Kingpin          
新価格:OPEN実勢価格¥90,000


ゴダンのバックボーンであるアコースティックギター製作のノウハウを投入したアーチトップギター5th Avenueシリーズのギターは、ロック、ブルース、ジャズなどあらゆるジャンルで自由な発想でお楽しみください。全モデル、自社ファクトリー生産のカナダ製で3年保証です。

 

’50年代のヴィンテージスピリットを継承しつつ、現代のプレイヤーの基準にあったモダンプレイヤビリティを備えた実用的なモデルです。 Montreal Premiereは薄めのホローボディをもつセミアコモデルで幅広いスタイルにマッチします。

最寄りのゴダン特約店や取扱店でぜひお試し下さい。