EAR-BOXの製品ページが完成しました!

ベーシストが注目する超小型モニターシステムEAR-BOXの製品ページができました。
 
セッションベーシストの池田達也氏とセンチメンタルシティロマンスで知られる瀬川信二氏のレビューも非常に参考になります。ベーシストに必見の内容ですので、ぜひご覧くだださい。下記画像からEAR-BOXの製品ページへ。
発売を記念した、スピーカーケーブル・キャンペーンを好評実施中です。詳しくは全国のPJB特約店にお問合せ下さい。
JES-FB

L.R.BaggsのUSA新ウェブサイトが公開されました。

今や世界的なブランドとなったL.R.BaggsのUSA新ウェブサイトが公開されました。製品だけでなく、各種モデルのレビューやアーティストニュースなども含めた最新情報が満載です。

USA英語サイトですが興味ある方はぜひご覧になってください。
画像からlrbaggs.comサイトへ。

1月末より発売となったばかりのSESSION VTCは定番のアンダーサドルPUのElement VTCに好評のプリアンプSession DIのSaturationを融合させたハイブリッドの最新ピックアップシステム。画像からUSAサイトの製品ページへ。

NAMMショーで初公開のパーソナルモニターシステム、SYNAPSE/シナプス。サウンドに拘るアコースティック・ギターやあらゆるアコースティック楽器にオススメする製品です。発売は6月頃の予定。画像からUSAサイトの製品ページへ。

JES-FB


冬でもウクレレ全開!

ウクレレは夏と勝手にイメージしがちですが、最近は季節に関係なく、ライブやハワイアンイベントが各地で大きく盛り上がり、一年を通してウクレレを使用することが非常に多くなっています。

そのような事情も合って、L.R.Baggsのウクレレ用ピックアップシステム「FIVE-O」の取付け依頼がこの寒い時期でも非常に多く大忙しです。FIVE-Oはウクレレ本来のサウンドとトーンを引き出してくれると世界中のウクレレプレーヤーから絶大な支持を受けています。

こちらは(上下の写真)ボディトップ、サイド&バックもハワイイアンコアがふんだんに使われているマーチンの2K、ConcertにFIVE-Oを取り付けているとことです。

下の写真2枚はハワイのKanile’a(カニレア)ブランドのウクレレ。ハワイを代表するハイエンドウクレレメーカーの一つです。

作りが非常に丁寧でサウンドも安定しています。FIVE-Oを取り付けPAで増幅するとそのウクレレの特徴がさらに良くわかります。

こちらは日本を代表するウクレレの老舗ブランド、FAMOUS。このモデルもKOAをふんだんに使用したモデルFCK-HG。FIVE-Oの取り付け後はサウンドホールエッジにボリュームコントロールがつくので必要な時に手元で音量をコントロールできます。

ウクレレは弦楽器の中でも最小クラス。専用のピックアップをボディ内に取り付けるにはウクレレを熟知した専門の知識と経験が必要です。興味有る方は最寄りのプロショップ又はL.R.Baggsの特約店にお問合せ下さい。

最後にL.R.BaggsアーティストのウクレレプレーヤーBrittni Paivaのライブビデオをご紹介します。Recordingは著名ハワイアンミュージシャンの数々のレコーディングで知られるHi Sessions。

Brittni Paiva – Lights (HiSessions.com Acoustic Live!)

JES-FB


注目のEAR-BOXのビデオレビューが出ました!

NAMMショー以来、なんだこれは?というコメントも含め大きな話題となっているのが、PJBのベーシスト用の超小型モニターシステムEAR-BOX。ベーシストの方々、要注目ですよ!

まずはデジマート上で発表されたこのビデオレビューをご覧ください。

下記の画像から、上記ビデオも含め詳しい商品説明の載ったデジマートの案内ページへ。

PJBオフィシャルサイトにもEAR-BOXの専用ページができましたので、こちらもぜひチェックしてみてください。セッションベーシストの池田達也氏や瀬川信二氏のレビューが載っていますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

JES-FB