軽井沢高原教会キャンドルナイトでSYNAPSEが!

軽井沢星野エリアにある軽井沢高原教会の敷地内で開催されている今年夏の人気のイベント・キャンドルナイト(8/11~18)で、近日発売予定のL.R.BAGGSのパーソナルモニターSYNAPSE(シナプス)が使用されています。
SYNAPSEはステージ後側、演者の後ろにモニターとして設置。また180度のエリアをカバーするPAスピーカーとしても機能しています。
生の声や楽器の生サウンドがそのまま大きくなった感じです。演者からもその鳴りとサウンドが自然で心地よくプレイに集中できるとのコメントです。
教会とその敷地一体を色々なキャンドルで飾り、中心の野外ステージで、バイオリン、ゴスペルなどが行われる幻想的なイベントです。
PAはアートスペースの掘氏。
バイオリンとその音楽プロデュースは高山典子氏(TIミュージックアソシエイツ)
軽井沢高原教会所属メンバーの素晴らしいゴスペル。
写真左から、筆者Jes,このイベントの総合プロデュースは教会運営ディレクターの功力氏、音響担当アートスペースの掘氏。
 フィードバックしないプレーヤーサイドのパーソナルモニターですが、同時に180度のエリアをカバーする優秀なPAとしても機能する今までにないスピーカーシステムと言えます。さらに実証テストを重ねて行きますが、予想を遥かに超える反応です。

SYNAPSEは世界同時発売で、その発売時期は9月末〜10月。価格はOPEN実勢価格23万円前後を予定しています。(U.S.A.価格$1,995)最新ニュースはFACEBOOKのほか、JESブログからもご確認してもらえます。発売までもうしばらくお待ち下さい。

(注)
JES FACEBOOKページではもう少し多くの写真をご案内しています。
・日本語製品サイトは現在準備中、英語版となりますが、しばらくはUSA L.R.BAGGSサイトをご参照ください。


TOM ANDERSON新着情報 – AUG.2017

Tom Anderson Guitar8月の新着情報です。全体的にほぼ1ヶ月遅れで今回は残念ながら2本のみの入荷でした。

このモデルはキルトメイプルトップにマホボディのDROP TOP CLASSIC。カラーは最近ブルー系の中でも人気のArctic Blue Burst。木目の濃淡が出やすく魅力的なカラーです。ピックアップはビンテージ志向のSCハムキャンセル・シングルとHCハムバッカー。

5way switch, Add Bridge with Splitterに瞬時にBridge HUM に切り替えのできるBlower Switch(Volume OverrideはVolume連動)。このギターの納入先は下記店舗です。

ギターズステーション様カスタムオーダー品
DROP TOP CLASSIC,  Arctic Blue Burst  (3.44kg)


 

こちらは24フレット仕様のANGEL。キルトメイプルトップにマホボディ。カラーはBora Bora Blue。ピックアップはミッドレンジ重視のSA、Hシリーズピックアップ。コントロールは5way Add Bridge +Splitter。

このギターの納入先は下記店舗です。

ギタープラネット様カスタムオーダー品
ANGEL,  Bora Bora Blue  (3.44kg)

同じように見えて仕様材、ピックアップ、コントロールなどが微妙に違い各モデルはそれぞれ独自の個性を持ったギターです。興味のある方は上記納入店にお問い合わせください。


 

トムアンダーソンギター特約店が独自のノウハウとテイストでオーダーするカスタムモデ ルとは別に、お客様自身が特注でオーダーすることも可能です。

・詳しくは、最寄りのトムアンダーソンギター特約店にお問合せ下さい。
・リクエストの多いTomのピックアップの製品案内ははこちらから。
・最新情報はこちらから:Tom Anderson Guitar U.S.A.サイト


KIYOSENライブに行って来ました!

3rdアルバム、Trick or Treatの発売記念ツアー中の、大高清美(Org)と川口千里(Dr)のスーパーグループKIYOSENのライブに行って来ました。

KIYOSENは、カシオペアのKeyboardistとして活躍し今や日本のオルガニストを代表する大高清美と、20才ながらすでにその才能と技術もトップクラス、また内外著名アーティストとの共演で世界にもその名を轟かすドラマー川口千里とのスーパーグループ。

今回のKIYOSENツアーではギターに矢堀孝一が特別ゲスト参加。泉のように湧き上がる躍動感のあるプレイで大いにKIYOSENの音楽を盛り上げてくれました。使用ギターはTom Andersonのthe Classic。メイプルネック、ローズ指板、アルダーボディ、HSH、ビンテージトレモロなどの仕様。このギターを使ったビデオは下記から確認してもらえます。
https://goo.gl/6eAL7E

8/7日、名古屋でのライブ会場はボトムライン。

今や日本のトップオルガニスト、大高清美 on Organ。

師匠菅沼孝三氏のDNAを受け継ぐ川口千里 on Drums。

こちらは矢堀さんの最新レッスンDVD。Tom AndersonのDrop Topを使用。このギター関連情報。→ 矢堀孝一オフィシャルサイト

ライブ後の写真、左から。(敬称略)
<前>ボトムライン社長の蔵原、矢堀、大高、川口、渋谷有希子(Bass)
<後>Jes、Eddy

<KIYOSEN 3rdアルバム発売記念ツアー>
このブログアップの8/9日以降のツアー日程あり。

大高清美(Org)、川口千里(Dr)、矢堀孝一(G)、渋谷有希子(B)
・8/6(日)四日市サラーム(tel: 059-326-7568)
・8/7(月)名古屋ボトムライン(tel: 052-741-1620)※DVD収録ライブ
・8/8(火)京都ラグ(tel: 075-241-0446)

・8/9(水)大阪Mr. ケリーズ(tel: 06-6342-5821)
・8/22(火)東京 JZ ブラッド(tel: 03-5728-0168)
・8/23(水)高崎ジャマーズ(tel: 027-388-8800)
・8/24(木)長野バックドロップ(tel: 026-237-8887)


Grand Concert & Flamenco Guitar!

つい先日発売となったアコースティックギターの専門誌Acoustic Guitar Magazineの表紙は日本を代表するフラメンコギタリスト、沖仁氏。沖さんが選んだ15本のフラメンコギターの中に、なんとゴダンのGrand Concertが選ばれました。

ゴダンとフラメンコは結びつかないようなイメージがありますが、フラメンコの本場スペインでは結構使われているようです。沖仁さん自身もゴダンのGrand Concetを使用しています。実際に沖さんがライブで使うとどうなるのか?まだ経験がないのですが、ぜひ聞いて見たいものです。

Grand Concertのネックとボディは12フレットジョイント、ナット幅50.8mm、弦長650mmと、限りなくオーソドックスなクラシックやフラメンコギターと同仕様です。(クリックで拡大画像)

ボディ構造は一見ソリッドに見えますが、くり抜いたマホガニーボディにセダートップ。いわゆるチェンバーボディですが、ゴダンのボディ構造はフィードバックに強いダブルチェンバー構造という特殊なもので、ピックアップは各弦に独立したRMCピエゾとゴダン専用のプリアンプを採用。見かけからは想像できないリアルなサウンドを出力することができます。またローランドの13-pin GK製品との連携が専用ケーブル1本のみで可能でGR55などのギターシンセサイザーとの連携も非常にスムーズです。詳しくはGrand Concertの製品サイトをぜひチェックして見えください。

最寄りのゴダンギター特約店でぜひお試しください。