Tom Anderson Guitar Update News

最近リニューアルとなったUSA,
Tom Andersonのオフィシャルサイトでも紹介されている
最新アーティスト情報をお届けします。

メンバーの変遷があるもののロングランの活動を続けるChicago
ギタリストのKeith Howland氏が使用するギターはDrop Top Classic

アメリカのオーディション番組”American Idol”のファイナリストから
デビューしたKellie Picklerのバックをささえる
ギタリストRyan Ochsner 氏の使用するのはDrop-T Classic

シンガーソングライターであり
ギタリストのJoan Aarmatradingの使用するギターはDrop Top Classic

いつもかっこ良くモダンなサウンドで、渋く力強くロックする
Joe Cockerの音楽を支えるギタリストGene Black氏が使用するのは
全メイプル仕様のDrop Top Classic

詳しくは:
Tom Anderson日本語サイト

最新情報は:
Tom Anderson, USAメーカーサイト


Akio Yokota & Multiac Jazz

先日、名古屋ブルーノートのFried Pride公演の翌日、
ギタリストの横田明紀男氏が当社を来訪。

2Fの当社運営のリハスタ、J’z Studio
長年愛用するゴダンのMultiac Jazzのデモ演のビデオ撮りをしました。

合間にL.R.Baggsの注目のデュアルピックアップの新製品
Anthem/アンセムがついたアコースティックギターをチェック。

以前ブログで紹介したT-Cophony氏が弾いたのと同じギターです。
先日のライブではアコギにM1 Activeを使用していましたが
マグネティックタイプとは思えない素晴らしいサウンドでした。

J’z Studioのこの部屋(Jスタ)にはJ’zのブログで紹介した
フィルジョーンズ製のAAD LS-1200というP.A.が設置してあり
その素晴らしいサウンドを絶賛してくれました。
(このP.A.に関しては後日詳しく説明させてもらいます。)

昼過ぎからほぼ丸一日の滞在。
お疲れさまでした。

最後に記念写真ですが、家族が写真館で撮るような、
ちょっと恥ずかしいような写真?
後列:横田氏とマネジャーの古市氏
前列:Jes & スタジオマネジャーのKazu

近日このブログと本サイトにアップ予定の
デモ演ビデオをお楽しみにしてください。

Fried Prideオフィシャルサイト


Godin ACS Flame USB新発売!

好評のゴダンナイロン弦ギターの最新作として、
高級感溢れるフレームドメイプルのACS Flame USBが新登場。

ローランドGK対応はもちろん
PCに直接接続できるUSB出力端子を搭載しています。

弾き易さと安定した品質、リアルなナイロン弦サウンド、
音楽の可能性を広げるGKギターシンセへの対応といった理由で、
人気のゴダンナイロン弦モデル。

その中でも最も人気のあるACSシリーズの
最新モデルがACS-Flame USB。

このモデルだけの新機能がUSB出力端子。

他の機材を用意することなく、USBケーブル1本でPCに接続、
コンピューターに直接属して信号をアウトプットできます。
PCでのレコーディングを簡単にトライできます。

ACS Flame USBとUSB接続に関して詳しくは、
こちらから

商品に関するお問い合わせは、
ゴダン特約店


池部楽器35周年パーティ

楽器を弾く人なら誰でも知っている日本のトップクラスの楽器店、
池部楽器店の35周年のパーティが9月1日、盛大に開催されました。

IKB35 – Ikebe 35th Anniversary
Big Band Party – September 1st 2010

会場は六本木のライブレストラン・スイートベージル

未だかつてない程の楽器業界の集いで会場は招待された人で超満員。

池部社長の挨拶でアメリカンスタイルのパーティがスタート。

後はビュッフェスタイルで会場は終始和やかに。
この日の為に結成されたビッグバンドが雰囲気を盛り上げます。

今年USA,NAMMから革新的な店舗展開で楽器業界に貢献したとして
日本の小売店で初めて表彰された池部楽器店。

単なる店舗拡張でなく留まる事のないクリエイティブな店舗展開は
メーカー、輸入業者、卸し業務、小売りの枠を超えて学ぶ事が多々あります。

この日最大の主役の池部社長とJes。
公私ともに非常にアクティブかつクリエイティブな池部社長。
いつも非常に刺激を受けています。

(左から)
数ある池楽器店の中の要、ゴダンギター取扱店のNo.1ショップ
渋谷グランディ
稲澤店長、Jesと
池部楽器全体の総括最高責任者、いつもポジティブな鬼塚営業部長。

(左から)
Jes、オリジナリティ溢れたコンセプトと深いノウハウに裏付けされた品揃えで
単なるベース専門店の枠を超えたスーパーショップ、
渋谷ベースコレクションの岡崎店長、そして
いつも非常にお世話になっている音楽誌”Jazz Life”営業の北沢氏。

その他多くの楽器関係者とお会いしました。

この日メインスクリーンに映し出されていた → ”楽しければ人は集まる”
見たとたんに目が釘付けになりました。この言葉、非常に深いです。

この場を借りまして、池部社長また各店舗の方々、
すばらしい記念すべきパーティにご招待頂きありがとうございました。

今後も楽器業界のリーダーとして、いい刺激を与え続けて欲しいと思います。