新作ピックアップ情報

3月某日、トムアンダーソンギターの勉強会で、やって来ましたロスアン ジェルス。Tom Anderson Guitarの工房のあるNewbury Parkまで、L.A.空港から車で約40分。さっそくトムが出迎えてくれました。

(左から) Chuck, Tom & Jes


トムの持っているギターは近日日本へ入荷の
Drop Top Classic, Trans Plum,
HSH, Vintage Tremolo, 5-way switch

今回の主目的は’50sをテーマに取組んだ新コンセプト/ピックアップの勉強会。

全てのピックアップは手巻き感覚で安定したクオリティのワイアリングができる’50製造の特注マシーンで制作されている。古いと言っても、重りや異 なったギアを使用することで、巻き方の強弱の変化をコントロールでき違ったサウンドを得る事ができるすぐれもの。

トムのイメージするサウンドとトーンコンセプトを実現するため、使用するマグネットはセラミック、ネオジューム、Alnico-2, Alnico-5など、様々なマテリアルを選択。それぞれの種類には、さらに細かく微妙に成分が違うモデルがあり、コイル材、巻き数などと合わせた組合わ せは無限にある。

以前より、モデルごとに使用されるマグネットの種類、コイルの巻き数を含めすべてのデータは、数値やデータで判断して欲しくないという理由で敢えて 公表されていない。

下の写真は、’50sのサウンドとトーンをコンセプトに制作された新シリーズSFシリーズのネックP.U. SF-1

関連シリーズのコンセプトは下記

■SD-シリーズ
ハムキャンセルの基本形のスタックトハム,,, 近日生産中止予定

SAシリーズ
SDより ミッドレンジと押し出しを強調したシリーズ

SFシリーズ
’50s のエッセンスをコンセプト。SAシリーズに比べ全域にわたってスイートでややソフトな高域

SCシリーズ:
SFシリー ズと全く同じ内容のカバー付タイプ。

外観はSD, SA, SFシリーズともに同じでベンディング時に音量と音質の変化が少ないラージポールピースを使用。

下の写真はカバー付きのSCシリーズ。

今回ちょっと深くコアな情報でした。

USAメーカーサイト


使用フレットについて

フレットについての問い合わせが時々あり、トムアンダーソンで現在使用 しているフレットについて下記にまとめてみました。

使用している全てのフレットは精度、耐久性に優れている定評のJESKER製。

トムで使用のフレット材にはすべてJESKER社のこだわりのステンレススティール製。固く加工がしにくいマテリアルですが、経年変化が少なく、ト ムのサウンドイメージに近い倍音成分が多くしかもきれいにでることが、採用の理由です。

JESKER社のサイト内のギターの写真にはTom Andersonギターが使用されています。

2010年4月現在、
トムアンダーソンギターで選択可能なフレットとスペック。

■Jumbo:
0.110″wide x 0.057″tall / 2.794mm幅、1.448mm高 / Jim Dunlop#6100と同等
■Medium:
0.092″wide x 0.055″tall / 2.337mm幅、1.397mm高 / Jim Dunlop#6105と同等
■Small:
0.080″wide x 0.043″tall / 2.0.32mm幅、1.092mm高 / Jim Dunlop#6230と同等
■Heavy:
0.110″wide x 0.053″tall / 2.794mm幅、1.346mm高 / 同等品なし。やや頂点が鋭い
■Low Rize:
0.104″wide x 0.047″tall / 2.642mm幅、1.194mm高 / Jim Dunlop#6150と同等

ギターのオーダー時に上記フレットの中からアップチャージなしでの選択が可能です。


Bass CUBレッドバージョン

●好調な販売のBass Cubにレッドバージョンが加わりました。
赤と言っても結構落ち着いた色で部屋の中に置いてインテリアとしてもおしゃれな感じです。

3月末に入荷するも既に全数が出荷。予想以上に好評でした。
興味ある方は全国のPJB特約店でチェックしてみてください。

Bass Cubを使用するアーティスト:
Pino Palladino、Francis Hylton(Incognito)のコメントと写真を
Bass Cubの製品案内サイトにアップしました。
詳しくは ▶こちらから


Spider Capo

好評のString Cleanerを企画発売元Tone Gearから
新タイプのカポが発表されました。

今までのカポの概念を変えるようなアイデア商品。

それがこれです。
ネックの上からセットし横のネジで固定。
各弦に独立して音止め固定ができるという優れもの。

たとえば、下の写真はオープンAコード。

もちろん通常のカポと同様、全フレットを固定できますが、
1弦のみ、6弦のみ、
または任意の弦の特定フレットに固定など、
また、弦間ピッチも調整可能です。

プレーヤーの工夫しだいで今までにない奏法も可能な
クリエイティブな商品。
あなたならどうする?

■価格:¥4,410(本体価格¥4,200)

USAメーカーサイト