Bakithi KumaloがPJBアーティストに!

NashvilleのSummer NAMMからのニュース。
Herbie Hancock, Cindy Lauper, Chaka Khan, Paul Simonなど多数のアーティストとの共演で知られる南アフリカ出身のベーシスト、Bakithi Kumalo(バキティ・クマロ)。彼がPJBアンプのモニターとなることが決定しました。すでに最近のPaul Simonのワールドツアーでも使用しています。

そのPaul Simonのライブで使用しているのは、サイズを越えたピュアサウンド&ハイパワー小型ベースコンボモデル、Suitcase CompactとエクステンションキャビネットのC4。今後も彼の活動を通じて(写真で持っているのはBass Cbu)色々なニュースをお伝えしていきます。

急遽決定したため、今回のPJBブースはかなり小さめ。

今回のブース展示は、D400のベースアンプヘッドに最新キャビネットCAB-47、Suitcase Compact+C4、最新ベースアンプで近日発売予定のD1000+C8、日本未発売の最新Roadcaseなど。1月のナムショーに続いて今回も実際の音を体験するとパーソナルモニタースピーカーのEARBOXはまたしても大注目。

最新製品情報: PJB JAPANオフィシャルサイト

Bass CubにミニベースがトレードマークでPJB史上最小ながらベストセラーのDouble Fourの使用がトレードマークのDonal Waughのデモ演奏。

1月に開催されるWinter NAMMと比べると規模は小さくなりますが、いつもは中々見れないような新しいメーカーの出展もあります。



コメントは受け付けていません。