GodinのUSBギター先行情報! vol.1

今年1月のナムショーでレポートしたUSBギター入荷しました〜!

基本モデルはACS。
(ナット幅はMultiac NylonやDuet Nylon Ambianceと同じ47.8mm。ACS Slimはエレキと同様な43.5mm)

トップがフレイムメイプル。
それとこのギターの最大の特徴は出力用のUSB端子がついていること!

通常のフォーンアウト+13pinアウト(ローランドGKシリーズ対応)
それと下の写真のようにUSB出力端子がついています。

アンプやP.A.などに通常のギターサウンドを出力、GR-20を使ってギターシンセ、USB出力からコンピュータに繋げ作曲や作品作りのいわゆるプリプロなど。ライブから自宅で宅録などあらゆる場で夢が広がりますね〜!

本日我々も入荷後初めて色々とお試し中!
マックに付属の音楽ソフト、ガレージバンドを使って …

ドラムなどのリズムセクションも利用して、
以外と簡単に音出し、レコーディングができました!

楽器いじりの大好きなスタッフが多い当社としては、仕事なのか遊びかわからなくなりますね!

他のUSBギターと呼ばれるものと比べどうなのか?
どうやって有効に利用するのか?… など、

この手のギターや、ディバイスに詳しい外部スタッフのアドバイスなども考慮しながら出荷の準備を続けていきます。

気になるお値段ですが、
税込み定価/¥207,900(本体価格¥198,000)
モデル名はACS Lightburst Flame USB。専用ギグバッグ付きです。

まだ本サイトにアップしていない先行情報です。
近日続編あり。


Duet Nylon Ambiance出荷開始〜!

アイスランドの噴火や上海万博などの影響で遅れていましたが
やっとカナダからゴダンギターが本日到着。

待ちに待ったニューモデルのDUET Nylon Ambianceや他のモデルも多数入荷。

さっそく検品をスタート。

お問い合わせの多かったDuet Nylon Ambianceが初入荷。
それと前のブログでも紹介したピエゾに加えマグネティックPU付きでブレンドができるA4 Ultraも入荷しました。

お待たせしました〜!本日出荷を開始しま〜す!

明日には全国のゴダン特約店や現在開催中の(4/1〜7/31)ゴダンキャンペーン参加店の店頭に並ぶと思います。

気になる人はぜひチェックしてみてください。


New A4 Ultra Fretless

NAMMショーで発表されたゴダン・アコースティックベースの新製品、
A4 Ultra Fretless SA! 近日初入荷です。

従来より発売中のA4 Fretless SAに、このモデル専用にカスタムオーダーした
Lace Sensor社製マグネティックPU付きモデルがA4 Ultra Fretless SA。
定評のRMCピックアップシステムのアコギサウンド、マグネティックサウンド
の個別またはミックスができる。

ローランドGK製品に対応の13ピン出力端子もあり、
新たな音楽的な可能性を拡げることのできるゴダン究極のニューモデル。

モデル構成は、下記4モデル。
4弦、5弦共にフレット付きとフレットレスあり。

■入荷予定:4月末
■価格:
・A4 Ultra Fretted ¥207,900(¥198,000)
・A4 Ultra Fretless ¥228,900(¥218,000)
・A5 Ultra Fretted ¥228,900(¥218,900)
・A5 Ultra Fretless ¥249,900(¥238,000)

A4 Ultra Fretless製品情報
ゴダン特約店


John McLaughlin at Frankfurt Messe

3/24〜27に開催されたNAMMショーと同等のドイツのビッグな楽器ショーFrankfurt Messe。
ゴダンカナダより当日の写真レポートが届きました。

ゴダンブースの様子。

左:ゴダンギター社長、Robert Godin氏  右:John McLaughlin


Johnが手にしているのはこの数年メインギターとなっているFreeway SAと同内容のスペック
+USB Outを日本未発売モデルPassionに組み込んだJohn用のカスタム仕様モデル。
雰囲気からしてJohnも大喜びのようです。

この時の写真が彼のサイトでも紹介されています。
John McLaughlin Official Site

こちらフランスの人気ギタリスト、Christophe Godin氏と5th Avenue CW Kingping-2
そうです名前がGodinですがGodin Guitarの社長とは親戚ではありません。
おじさん風からは想像できない躍動感あふれるプレイをします。

こちらはディヴィット・サンボーン、ランディ・ブレッカーなどのアーティストを迎え
3年ぶりにリリースのニューアルバム”Platonic”の発売(5/13)を控えた
ご存知、吉田次郎氏。上の写真のChristophe同様、5th Avenue CW Kingpin-2を
弾いて楽しんでいるようです。

以上、パトリックゴダン氏からのフランクフルトメッセ・レポートでした。