NAMM2017 NEWSいよいよ開始!

JESよりJesとTomoが本日より先行してロス入りしました。NAMMショーは1/19〜22日の開催ですが、その前にTom Anderson Guitar工房、L.R.Baggsを訪問などを訪問。現地より関連ニュースを順次アップして行きますのでご期待ください。

このブログの他、期間中は下記からも発信して行きます。
JES Official Site
JES Facebook
Godin Japan Facebook
JES Instagram

JES-FB


J’z Studioで木村万作ドラムクリニック開催

今年で9年目を迎えた当社リハスタJ’z Studioの近況情報です。つい先日、小田和正全国ツアー中の名古屋公演でギターの稲葉氏と共にドラムの木村氏ともお会いしたばかりですが、以前より双方でクリニックの可能性を検討してきました。

そしてついに、J’zスタジオでの木村万作氏のドラムクリニック開催が決定しました!開催日は11月3日(木・祝)。名古屋及び周辺の興味のある方はぜひお越しください。クリニック詳細情報は下記写真からJ’z Studioの案内サイトへ。

%e6%9c%a8%e6%9d%91%e4%b8%87%e4%bd%9c
写真は小田和正2016全国ツアー中からのもの。


Session DIを使う3人のアーティスト

下の写真は7/31日に奈良のZenbeでのライブの模様。世界的ウクレレプレーヤーのHERB OHTA Jr.、スラックキーギターのアラニ山内氏、6月にニューアルバムを発表したKO’OLUAの3アーティストです。

共通しているのはそれぞれのアーティストがL.R.BaggsのSession DIをライブだけでなくレコーディングでも使用していることです。今回、各アーティストのSession DIのセッティングをご紹介させてもらいます。

下の写真左から:
Herb Ohta Jr,  Noliko(Ko’olua),  Alani Yamauchi,  Marty(Ko’olua)P1160670

HEAB OHTA JR.
CDタイトル「MY UKULELE WORLD」Session DI使用
2016年4月発売stock_banner_3
<Herb Ohta Jr.氏のセッティング>
Notch: 10時/Saturate: 1時/comp EQ: 10時
使用楽器:Ukulele

Notchは本来フィードバックをカットするものですが、60〜80ヘルツ前後をカットすることで超低域のハムノイズをカット。EQのように使いウクレレのスッキリしたサウンドを意図している。倍音成分を付加するサチュレイトはやや多めで艶のあるトーンを狙っている。マルチコンプEQはマイルドな効き目にセット。Junior

YUKI ‘ALANI YAMAUCHI & His Friends
CDタイトル「Ki Ho ‘alu」Live Recording、Session DI使用
2016年7月発売(当社J’z Studio製作)KiHoAlu_jkt
<アラニ山内氏のセッティング>
Notch: 9時/Saturate: 11時/comp EQ: 10時
使用楽器:6弦スチール・ギター/ウクレレ/ラップスティール

Notchは40〜60ヘルツ前後をカットすることで超低域のハムノイズをカット。EQの一部として使用、スッキリしたサウンドを意図している。倍音成分を付加するサチュレイトは多すぎず自然な艶のあるトーンを狙っている。マルチコンプEQはジュニアとほぼ同じで、マイルドな効き目にセット。Alani

KO’OLUA
CDタイトル「E Malie Mai」Session DI使用
2016年6月発売IMG_4105
<Ko’olua Martyさんのセッティング>
Notch: Off/Saturate: 12時/comp EQ: 1時
使用楽器:アコースティック・ギター

NotchはOffでギターの低域成分をそのまま出力。倍音成分を付加するサチュレイトは多すぎず自然な艶のあるトーン。マルチコンプEQは3人のプレーヤーの中ではよりバランスを重んじたセッティング。Koolua

各アーティストのライブを見る機会があったら独自のサウンド作りに使用している足元のプリアンプにも注目してみてください。各アーティストは会場のPAやルームアコースティックの違いにより多少調整しているそうです。このレポートも参考にして、ぜひ色々と試してみてください。

L.R.Baggs Session DI日本語サイト

JES-FB