PJBの無音響室にいるのは?

床はフローティング構造、壁と天井も含め部屋全体が全く反響のない無音響室。部屋に入った途端に全く音がせず方向感覚をも失ってしまうような空間。

Instagramではこのような近況の写真をアップ。ブログやFacebookにはないものも含まれます。興味ある方はぜひJESのInstagramもご登録ください。

PJBの無音響室にいるのはPhil Jones氏。全モデルが製品化される前のチェックで必ず使われるのがフィル・ジョーンズファクトリーの無音響室です。かなり広いです。

ギタリスト前田知洋氏のLoop City Tourより。
ゲストボーカル堀沢麻衣子。

地道に売れています。ロッキングぺぐのシュパーゼル。
Made in Cleveland, Ohio.

アコースティックギター用デュアルPUの最高峰、
AnthemとMid 70s D-28。


グレイトなサウンドのレコーディング

来日中のハリウッドMIやBERKELY音楽院で講師のMEHDI HASSINE氏の指導で素晴らしいドラムレコーディングが完成。レコーディングは当社J’z Studioで行われました。

J’ZマネジャーのKAZUがレコーディング中。

マイクセッティング中のMehdi。当然のことながらマイクと機材の距離、角度、位置の微妙な違いで良いサウンドとそうでない場合の劇的な違いが明らかに。

このラックマウンド機材の中身はVintage NEVE。

J’z StudioのFacebookにもう少し色々な写真をアップしました。


J’z Studioがお陰様で10周年!

当社運営のRehearsal&Recording Studio,であるジェイズスタジオがお陰様で今月で10周年を迎えました!

リハーサル、レコーディング、音楽教室に加え、この数年は近郊での野外イベントや大学イベントでの機材設営、P.A.などの現場での仕事も増え総合的な音周りの出番が増えてきました。

またビクターアーティストHysteric Panic等のアーティストのRecordingやツアーでのP.A.を依頼されるなど、遠方のアーティストからも音周り全体の評価を頂くまでになりました。さらにプロフェッショナルな良い音、良い仕事を目指して行きますので今後もよろしくお願いいたします!

そしてこの10周年の節目の時にこの方を迎えました。
J’z Studio welcome great P.A. and Recording Engineer Ryoji Hata from New York.

今回で2年振り3回目。1961年創業の老舗ライブハウスthe Bitter Endをメインに、フリーランスPA & Recording EngineerとしてNew Yorkで活躍中の畑亮二氏が来名。これから4月末まで名古屋で、各種セミナー(エンジニア向け)、ライブハウス、レコーディングなどで共同作業をしながら色々なことをアドバイスしてもらいます。

J’z Studioは名古屋をベースに、東京のみならず海外での展開も視野に入れたプランニングを構築準備中です。1〜2年後には色々と面白いことになりそうです。

JES-FB


東海TVの番組でジェイズスタジオが紹介されました!

実は〜 … 昨日オンエアーされた東海TVの朝番組スイッチで当社運営のジェイズスタジオが紹介されました。

…飯田街道沿いの話題の場所を、MCの高井さんが取材訪問するコーナーです。

お隣の和食屋さん「わか松」では名物のこってりちゃんこ煮込みうどんや飯田街道のルーツを社長の内田さんが説明 …

旧飯田街道の真っ只中に会社とスタジオがあるというのは知らず勉強になりました。

こんなチャンスは中々無いでしょうね。面白い体験でした。
もう少し詳しくは J’z StudioのFacebookページで。

Local Tokai TV crue came to visit us and Japanese style restaurant the other day and the video was broadcasted yesterday morning. Very interesting and it was a fun!

JES-FB