G社アコギ B-25がドック入り!

東芝EMIより1999年にメジャーデビューし、愛知県をベースに活動する
ソロアーティスト牧謙次郎氏からアコギのピックアップの相談があり、
ギターが持ち込まれました。
(本番前のリハで今晩、当社運営のリハスタJ’z Studioを使用)

そのギターは、
独特のいなたいサウンドのするギターとしてシンガーソングライターや
ブルースマンが好んで使用するボディが小振りのGibsonのB-25。
ライブで使用する時にどのピックアップを使ったらいいかの相談です。

このモデルは弦の乗るブリッジのサドル部分の両サイドがネジで止めてある、
いわゆるフローティング式である為、
アコギ用の一般的なアンダーサドルタイプが使えず、
いわば職人泣かせのタイプ。

お勧めしたのは下の完成品のように、ブリッジの構造に影響を受けない
マグネティックピックアップのL.R.BaggsのM1アクティブ

アクティブタイプなので専用のプリアンプもいらず、
ギターアンプへもP.A.へも環境を選ばずに使用できます。
その後、音だしチェック。

さっそく取り付け後に試す牧氏。

お〜! この笑顔が全てを物語っていますね。
明後日、6/25の名古屋SixDogでのライブが非常に楽しみと言っていました。

今回のライブでは、つい昨晩のライブで紹介させてもらった
Antoine Dufour氏と同様のフィルジョーンズのCub
ギター専用のモニターアンプとして試す事に。

また近日、その後の牧氏の動向をレポートする予定です。


Antoine Dufour Live in Nagoya

初来日、話題のフィンガーピッカー、
アントワン・デュフォールのライブが昨晩名古屋Tokuzoで行われました。

下の写真は夕方のリハの時のもの。

かなり高度のテクニックを駆使するも決して見せびらかすような派手さはなく、
音楽的な表現力が非常に豊か。聴いていると、心の中や自然などの情景が浮かぶような
音楽の流れがとても心地よいです。

ヘッドのスカーフはかざりではなく、ヘッド部の不要な共振から出る音を遮るため。

使用するギターは世界を代表するギター製作家ソモギ氏に師事を受け
独自のアイデアを取り入れたカナダ・モントリオールのギター製作家
Mario Beauregard氏のギター。

リハ後、少しだけ音をださせてもらいましたが、まさにソモギ氏直系の
各弦の分離がよく軽やかに3Dのごとく飛び出んばかりのサウンドと
心地よくきらめくような倍音成分を含んだ素晴らしいトーン。
(去年ソモギ氏のギターを弾いた時のレポ→こちら

前回のブログで紹介させてもらったように、彼はフィルジョーンズの
アコギアンプブランドAADのCub/カブをステージモニターとして使用しています。
(わかりにくいですが写真の右端)

今まで色々なアコギ用のアンプを試したようですが、
”Cubを選んだ決め手は、ボリュームと最小限必要なEQしかない潔いシンプルさと
生ギターのサウンドそのものをモニターできる優れた解像力”
… とコメントを頂きました。

実際、同様の理由でステージモニターとして利用するアーティストが大多数のようです。
それともう一つ、使ってます、Spider Capo

Antoineと一緒にプレイしているのは、
今回のツアーをコーディネートした亀工房の前澤さん
使用するのは年季の入った、からっとした独特のサウンドのLowdenギター。
あ! 当社代理店のL.R.BaggsのM1ピックアップを使っていました!

前澤さんもソロギタリストとして、そして日本ではめずらしいハンマーダルシマー
(前澤さんの奥様)とのデュオ”亀工房”で活躍されています。
機会があったらこちらもぜひ聴いてみたいと思います。

アコギ1本で奏でる一見地味な音楽ジャンルですが、良い音楽に対する
海外での注目度は非常に高く、実際、彼のYoutubeでアップされているほとんどが
100万アクセスを超えています。(最高1,100万アクセスのものあり。)

最後にAntoine Dufour氏の動画で。

Trilogie Acoustic Guitar

この手の音楽が好きな人だけでなく、
アコギを弾いているのにエレキの延長線のようなプレイで
行き詰まっている人や悩んでいる人に非常におすすめです。
きっとアコギの持つ音楽の可能性に、あらためて目が開くと思います。

Antoine Dufour/アントワン・デュフォール!
知らなかった人、次回の来日時にはお忘れなく!


話題のAnthem/アンセム先行情報

3月某日、ロスアンジェルスからサンフランシスコ方面へ車で約2時間 半。今年1月にNAMMショーで発表された新コンセプトのアコギ用デュアルピックアップシステム、Anthem/アンセムの勉強会でL.R.Baggsを 訪問して来ました。

L.R.Baggsの中 枢の企画室の一角。

6月末頃に発売予定のAnthem/ アンセムがのったギター。

AnthemとはL.R.Baggsが30数年のノウハウを結集し制作した今までにない製品コンセプトのデュアルピックアップシステム。コンピュー ターを使って説明中の社長のLloyd。

ピックアップの構成は、
Low〜200Hzのサブウーファー的な帯域をElement、250 Hz以上を新開発のバウンダリータイプのコンデンサーマイク、250Hz以上の帯域はElementとこのマイクのMixブレンドが出来る。

200Hz以下(Element)はナチュラルな作動のビルトインコンプレッサー機能を盛り込み過大入力(強いピッキング)時も音が崩れず質の高い サウンドを確保。

テストルームにあるMeyer Soundなどのハイエンドオーディオ機器を使っての環境でも驚異的で高品位な鮮明度と解像度で圧倒的なリアル感と臨場感のあるサウンドを出力する。

下の写真は大きな基盤を使っての実証テスト中のもの。

最終的に左の小さい基盤に集約。その左はその基盤を収納するケースでギターのサウンドホールに取り付け使用。

サウンドホールに取り付けるプリアンプコントローラーはVolume, Mix Balancer(ElementとMike)、Phase Switchとバッテリーチェッカー。

写真左はマイクを収納したケースで、ブリッジの裏側(ギターの中)に取付るもの。
(右の写真はこのシステムの簡易型… 別途説明予定)

特殊なハウジングと構造でサウンドの要、ギタートップ面のサウンドを幅広い範囲で収集。驚異的なリアル感です。

ところで今回L.R.Baggs訪問のもう一つの目的は、アコギプレーヤーのバイブルとも言えるリットーミュージックのAcoustic Guitar Magazineの 取材もかねています。4月末に発売のこの雑誌に数ページわたって記事が出る予定です。

2010, 1月NAMMショー発表時の情報
USA, L.R.Baggsオフィシャルサイト