NAMM2017News – (21) SUMMIT CLASSIC・2017年モデル

次は北米で躍進を続けるSummit Classicの2017年モデルのご紹介です。

Summit Classicはいくつかの改良と共にボディ形状のマイナーチェンジが行われました。一昨年の2015年末の発売以来特の本拠地のカナダ、アメリカでの販売は予想をかなり上回るもので、この手の世界的なブランドの某社よりボディデザインの変更を求められたことも大きな理由です。

6弦側のネックに触れるボディエッジが若干変更となりました。このデザインの方がゴダンらしいとも言えます。このモデルはそのボディ形状の変更が行われたSummit Classic Convertible・2017年モデルです。

セイモア・ダンカンのP-Railを2機装備。各ピックアップはハム、シングル、P90の切り替えが3-wayスイッチで可能です。そして瞬時にアクティブ回路に変換するHDRスイッチ付。ボディ形状以外は以前のモデルと同じです。

ハムバッキング・バージョンのSummit Classic HBは、ボディ形状の変更に加え、セイモア・ダンカンPUが標準装備となりました。ネック側がAlnico-II、ブリッジ側が’59です。


さらに魅力的になったSummit Classicの2017年モデルは価格も大幅にお求めやすくなり、ごく近日登場の予定です。価格、入荷時期のご案内はこのブログ上でご案内いたしますのでもう暫くお待ち下さい。

Godin Japanオフィシャルサイト


このブログの他、下記からも発信しています。

JES Facebook
JES Instagram
JES Twitter

JES-FB


NAMM2017News – (20) プレミアムな超小型ベースアンプ

一昨年から開発中の小型プレミアムベースアンプQ400もディスプレイされていました。
奥に見える赤いアンプは日本でも大ベストセラー中のアンプDouble Fourですが、ほぼ同じような大きさでありながら、さらにピュアサウンドを極めた上位機種になります。



スピーカーは新開発の2.5インチを4基と、背面にパッシブラジエター。底面に収納式のスタンドを備え、スラントさせて設置できます。Double FourとBass CUBの美味しい所取りですね!

コントロールで目立つのがBluetooth内蔵。スマホから無線で音源を鳴らす事ができます。ピュアトーンを極めたプレミアムアンプの名に恥じないクリアトーンにびっくり。ベースアンプにしておくのがもったいないほど。通常のBluetoothスピーカーとしても、かなり優秀です。

製品開発にかなりのこだわりを持って臨むフィルジョーンズですが、この製品もようやく完成。近日価格と発売時期をお知らせいたします。

<Q400 主要スペック>
パワー:70W
スピーカー:4 x 2.5″ PJB Custom
寸法:幅20cm x 奥行22cm x 高さ23.5cm
重量:6.3Kg


このブログの他、下記からも発信しています。

JES Facebook
JES Instagram
JES Twitter

JES-FB


NAMM2017News – (19) PJBアーティスト来訪

PJBブースには実に色々なアーティストが訪れましたが、Phil Jones氏との長年の友人であるアーティストが来訪。

PJBのブースに集結したのは、2月に日本でのライブが予定されているNathan East(Double Four, Ear Box, BigHead, H850, Bass Buddyを使用)、L.A.の人気セッションプレーヤーLarry Kimpel(Bass Cub, BigHead, H850を使用)それにNathanの弟James East!


写真左から、
Yoshi Furuta, Brian Thomas, Jes Saito, Nathan East, Phil Jones, Freda Jones, Larry Kimpel, James East. (Sorry! Mike Albronda was in the bathroom.)

このブログの他、下記からも発信しています。

JES Facebook
JES Instagram
JES Twitter

JES-FB


NAMM2017News – (18) L.R.Baggsから新ピックアップシステムSESSION-VTC

先日お伝えしたパーソナルPAシステム、SYNAPSE/シナプスの他に、ピックアップでもさらに進化系のNew ピックアップが誕生しました。

アンダーサドルタイプの定番ElementとSession DIのSaturationを融合させたモデルです。プリアンプはAnthemなどと同様にサウンドホールに取り付けるシステムで、手元でボリュームとトーンのコントロールが可能です。

コントロールはVolume、Tone、Saturation、バッテリーチェッカー、フェイズスイッチが機能的に配置されています。プリアンプにはプリセットのComp EQもセットされライブ・レコーディングで大いにその真価を発揮するシステムと思います。

すでにアメリカでは昨年秋よりテストマーケットの意味も兼ね先行発売していますが、日本でもこのモデルの発売が以下のように決定いしました。

11<発売時期> 平成29年2月初旬
11<価格> ¥32,000(税別)

近日入荷です。最寄りのL.R.Baggs特約店にお問合せください。

この製品の日本語案内は近日となります。
現在は英語のみのご案内となります。
Session VTC製品案内

このブログの他、期間中は下記からも発信しています。

JES Facebook
JES Instagram
JES Twitter

JES-FB