走り続けて3時間・L.R.Baggsに行ってきました。

今日は1月10日の月曜。
こちらに来て3日目にして始めて朝から快晴!
ロスらしく気持ちいい朝のスタートです。

日中の気温は15度位でちょっと肌寒い感じですが
NAMMショーが始まる今週木曜からは20度前後のようです。

朝8時すぎに最寄りのマックに。
一応目は開いていますが、全員まだ頭は寝てますね。

L.R.Baggsへ向けて出発。
ホテルからフリーウェイ101にのって3時間の行程。

L.R.Baggsの入口のドアに控えめなサインが。

今回開発中の製品を見せてもらいましたが、
残念ながらノーピクチャーとのこと。

そこで最近リニューアルした音チェックの為の
サウンドシステムを紹介させてもらいます。

上から:
Para D.I.またはVenue D.I.は全てのギターチェック時に必須。
Raneのクロスオーバー
T.C.ElectronicsのFinalizerコンプリリミッター
BSSのパラメトリックEQ
Klark TechnikのパラメトリックEQ
そして卓はマッキー(Firewire仕様でないもの)

こちらは非常にめずらしいVTL(現Manley)の
真空管パワーアンプ。

各35Wでモノ仕様。

モニタースピーカーは12″コアキシャルのカスタムスピーカー。
Altecの伝説的なA401をベースに改良を加えたもので
CD音源も聞かせてもらいましたがかなり凄いです。
当然ですが音へのこだわりは相当なものです。

L.R.Baggs社長ロイドとJESスタッフ。
ロイドのリクエストでCDのジャケ写の感じで。

最後に撮った写真がこちら、
プロレス興行のプロモーション?

ではNAMMで!

とL.R.Baggsを後に。


L.A.リハスタ事情

2日目Paneraカフェの後はロスのリハスタのリサーチ。
こちらのリハスタ事情はかなり日本と違っていて感心することばかり。
こちらの代表的な3店を見学。
(詳しくはJ’z Studioのブログで順次紹介)

(その1)
Amp Rehearsal/North Hollywood
部屋数17、$15〜30、約18〜40帖

Amp Rehearsal-2
全室リハ録音が可能、一部の部屋はPro Toolsレコーディングが可能。

Amp Rehearsal-3
ロビーがゆったり。

(その2)
ABC Rehearsal Studio/North Hollywood
部屋数60、全室マンスリーレンタル、約12帖$450〜@1ヶ月
部屋のみ全室空調、光熱費込み、空き部屋数室

(その3)
Nightingale Studios/Burbank
部屋数30、基本的に部屋は月貸し、$250〜
内7部屋のみ時間貸し、$13〜$45

Nightingale Studios-2
顧客に、Van Halen, Gorge Lynch, Rat, White Lionなど

良くも悪くも驚きの連続。
音楽と同様に各スタジオにかなり個性があり、
自分たちの考えやアイデアを信じて貫いている感じです。
カリフォルニアのレイドバックした中にも
独自色が非常に強烈で色々と非常に参考になりました。

その後、ハリウッドに向い、

Amoeba Music

毎月店内でライブもやってしまう体育館のような巨大スペースに
New, Used, 廃盤のCD, レコード, DVD, Videoの宝庫!

ここになければどこにもないと言われるほど。
Sunset通りのTower Recordがなくなってからは毎回ここに。

Allman Brothers BandのBeacon Theater Liveレコーディングの1と2、
Lynyrd Skynyrdのベスト盤、Black CrowesのWarpaint Live盤などを購入。
J’z StudioのカズはGreatful DeadやMickey Hartのソロ、
Tito PuenteなどのラテンもののレコードやCDを大量にカゴで大人買い。

今日の締めくくりの夕食は
当地のL.A.Timesで”Ramen Freaks”におすすめと紹介されている
ホテルから5分ほどの近距離にあるRamen – Jinya

豚骨ベースのラーメンで日本でもかなり上位に来るほどに
結構いけるラーメンでした。

店内は堅苦しくないほどにおしゃれな雰囲気。
Universal Studioから10分ほどのVentra Blvd沿い。

最後は観光ガイドみたいになってしまいましたが、
明日は朝一出発でL.R.Baggs訪問です。

– 続く –


朝市 & Paneraカフェ

こちら1月9日、2日目の朝。
日本とは17時間の時差。
ロスタイムは日本の17時間前になります。

前夜ぐっすり寝た後、
朝一でホテルから5分ほどのスタジオシティの朝市にやって来ました。


日本と同様こちらでも無農薬野菜がけっこう増えているみたいです。


アメリカはひとのいる所、絶えず音楽あり。


トロピカルなスチールドラムも。


そして毎年必ず寄るPaneraカフェで朝食。


いつも通りやっぱりこれを頼んでしまいます。
Soup in the Bread。今日はオニオンスープ。
コーヒー込みで$8.00 = 約700円


Free WIFIで朝一のブログ作成中。


ぐっすり寝れてもやはり時差の関係か、まだ頭は半分睡眠中。

今日はWhat’s going to happen?
これからいざ町中へ!

p.s.
昨日訪問したレコスタのレポートはJ’z Studioのブログで公開中。

– 続く –


1/8 朝ロス到着! 第一日目

1月8日朝、L.A.空港に到着!

専用のバスでHertz/ハーツレンタカーへ。

名古屋→成田→ロスの長旅ですが、到着が朝。
休むと延々と時差ボケとなるのは確実なので、
到着当日からフル稼働することに。

まずやって来たのは空港から車で約15分。
映画のロケも多く週末は一年中にぎわうヴェニスビーチ。

午前中なので人通りが少ないですが、1〜2km続く各種お土産屋、
大道芸人、セグウェイや自転車の貸し出しなどで連日賑わっています。
まさにカリフォルニアに来た!という感覚になります。

昼食はベニスビーチで中近東のエスニックなケバブ料理。
中々いけます。

今回レンタカーは
この所アメリカでのシェアを急激に伸ばしている韓国製KIAのミニバン。
一見日本製のようですが、なかなかスムースで良い感じです。
この写真、下からのアングルでなかなか行けてますね。

ベニスビーチの後にスタジオシティのホテルにチェックイン。
間を置かず向かったのは、
Bonnie Rait, Orianthi, Eric Clapton, Brian Setzerなどのアーティストが
使用するStudio City Sound というレコーディングスタジオ。
このスタジオのレポートは当社運営のJ’z Studioのブログでの
紹介となります。(日本時間で1/10朝アップ予定)

その後、Peter Frampton, Paul Stanley, Mercus Miller, Victor Wooten
など、数多くのアーティストが顧客リストに入っている
Sherman OaksにあるAmp Shopを訪問。

メインの扱いブランドは
Shur, Paul Reed Smith, Ken Smith, Bogner, Orange, Car,
などのプロ機器。

ゴダンギターも幅広いラインナップを展示。

当社企画制作のHAOのエフェクターも販売。

このお店の評価が高い理由がアンプのリペア。
リペア待ちのアンプが倉庫に収まりきらず店内にもあふれていました。

こちらは以前リッチーブラックモアが所有していた
珍しい200Wのマーシャル。(あいにくロゴがなくなっていますが)
リッチーマニアにはたまらないでしょうね。

アーニーの持っているギターは以前Glen Campbell所有のDobro。

Ampショップを後に向かったのはVoice Trax Westという
TV, 映画のナレーションなどボイスのみのレコーディングに特化したスタジオ。

近日日本の東芝のエンジニアとこちらで録音中のデータを
リアルタイムで中東のドバイに送りそちらでも同時録音の
プロジェクトを敢行するそうで、それを可能にする機材が
下の写真に写っています。すごい時代になりましたね。

エンジニアでありオーナーのアンドリューと
J’z Studioマネージャーのカズ。

ふ〜、長い一日でした。

本日夜の〆は全米に増殖中のチャイニーズ、Panda Express。
NAMMショーの会場の近くにも確かありました。

息つく暇もなくロス一日目終了!

毎日レポート続きます。