あのBass CUBをパワーアップ!PB-300レポ Part-3

PJBの新製品、パワードスピーカーPB-300の情報、第3弾です。

過去のPB-300の記事を読んでない方はこちらをお先にどうぞ。
Part-1:こりゃすごい早くも次のPJB ですか?
Part-2:早くも次のPJBマジック? Part-2

さて、今回は
前回Osamu君が試したBsss CUBとの組合わせ(コチラ)を改めて報告です。

ご存知の方も多いと思いますが、これがBass CUB。

小型軽量でありながら、100Wパワーで本物のベーストーンが鳴らせると話題になり、
大ヒット中のアンプです!今年のNAMMショーでは、このアンプを弾いたプロベーシストと
それを聴いていたオーディエンスのほぼ全員が同じリアクションで、
“ワオ!ここから鳴ってんのか!スゲエな!”と言った
PJBならではの練習用を超えた小型アンプです。

さて前置きが長くなりましたが、、、、

このBass CUB、100Wパワーで、たとえばアコギとベースとのユニットとなら
余裕でミニライブもこなせる程なんですが、それ以上となると、
さすがにもう1つパワーと低音の量感が欲しくなる。

そこでPJBから登場予定のPB-300パワードスピーカーの登場です。
Bass CUBのサウンド拡張のために、このPB-300と組み合わせます。

上の写真は、Bass CUBのLine Outから、PB-300のLine Inに接続しているところ。

さらに、写真を見てもらうと判りますが、PB-300から電源の分岐もできるように
なっており、ここからBass CUBに電源を供給でき、コンセントが1つで済みます(便利!)

上がBass CUB、下がPB-300。バッチリ合いますね。
これで100W(Bass CUB) +250W(PB-300)の合計350W、5″スピーカー8発の
コンボになりました。それでもまだかなりコンパクト。

PB-300のサイズは、約33(W) x 59(H) x 40(D)cm、重量が15.9Kg。
Bass CUBと組み合わせると、高さが85cm程です。

サウンドは、Bass CUBのピュアサウンドを基本に、音量が大きく上がって、
低音がかなりリッチになります。一番下の3つのバスレフポートが効いてます。
やはりベースに使用を前提に設計されているせいか、ただのアクティブスピーカー
よりもやや輪郭の大きな良い意味でベースアンプらしい安心できるトーンです。
他の楽器の場合はプリ側の低域をほんの少し押さえるとバランスが良いかもしれません。

今回は、スティングレーで試してみましたが、スピード感とキレのある
キャラクターがクリアに再現されて気持ち良いですよ!

さらに、Bass CUBの上部にあるコントロールにも手が届きやすくなって、
使い勝手も上がるというオマケ付。演奏状況によって拡張するミニコンボ。
PB-300があれば、こんな使い方も簡単にできるようになります。

未だ価格は未定ですが(フィルさん早くソロバン弾いて、教えて欲しいYo!)
7月頃に日本上陸予定、アクティブスピーカーPB-300にご期待下さい。

さらに続く!

———————————————————————————————

その後、池田達也氏のBass CubとPB-300の紹介ビデオが完成。
ソリッドボディベースとウッドベースの2バージョン下記です。

PB-300製品情報

フィルジョーンズ製品の特約店はこちらから
PJB特約店


Indigo Jam Unit & PJB

Indigo Jam Unitと言うバンドを知っていたら、かなり高感度の音楽好き。

昨晩Indigo Jam Unitの名古屋ブルーノート公演に行って来ました。
写真は当日夕方リハのもの。
構成はピアノ、ウッドベースにツインドラム。

今回リハにお邪魔したのは、
フィルジョーンズアンプをライブシチュエーションで試すため。

下の写真はベーシストの笹井氏。
持ち込んだアンプはアップライト系ベーシストに人気の
250W、6 x 5″ (内2個はプレーヤーのモニター用に上向き)
フィルジョーンズのSuper Flight Case

そしてSuper Flight Caseの下に、今年夏発売予定のパワードキャビPB-300を設置。
こちらは250W, 6 x 5″でボリュームのみ。(ブログ内のPhil Jones Bass参照)

Super Flight CaseのラインアウトからPB-300のラインインに接続。
Super Flight Caseのボリュームを10とすると、PB-300は8位の割合。
PB-300はボリュームが小さめでもベースサウンド全体の空気感がいい感じです。

リハで試しの予定が、そのまま本番で使用することに。

とにかくライブが凄いです!

このアコースティックっぽい編成からは全く想像できない圧倒される音の洪水。
このままライブレコーディングをするのでは、と思われるような
プロ仕様のマイク約20本を各楽器に設置。

繊細で終始ほとばしるピアノ、図太いサウンドで怒濤のウッドベース、
コンビネーション抜群で圧倒的な存在感と卓越した表現力のツインドラム。

オリジナリティに溢れた音楽だけでなく各楽器のサウンドクオリティと
バランスの良さは圧巻。

”気持ちよく自分のベースサウンドがモニタリングでき、
バンドアンサンブルの中で非常にナチュラルにブレンドした感じがした。”
と本番後ベースの笹井氏のコメントを頂きました。

音楽のオリジナリティだけでなく、
ライブでの音質にも非常にこだわる姿勢に感心しました。
上の写真は、ベースの笹井氏とSuper Flight Case(上)に
近日発売予定のパワードキャビPB-300(下)。

ネオジュームマグネットを使用したPJB Neo Powerスピーカーの包み込むような
自然なサウンドとトーンで今回使用のSuper Flightcase。
これとは別のモデルでアルニコマグネットのピラニアスピーカーを使用、
トーンの輪郭がより鮮明なSuitcaseを別の機会に試す事に。

お互いに共通の立位置で音質研究会のような雰囲気に。

結末はいかに? 時期未定ながら続編あり。


早くも次のPJBマジック? Part-2

先日お伝えしたパワーアンプ内蔵のベースキャビネットの続編Part-2です。

モデル名は”PB-300″に決定しましたが、今日の時点で価格が未決定。
どんな価格になるか興味深いところです。

J’zスタジオでリハを終えたOsamu君に試してもらいました。
Osamu君は元Candy Drugersのベーシスト。
最近は名古屋を中心に活躍しているシンガーソングライターの結香のサポートベーシスト。

今回は写真下のPB-300と、高音質で使い易いと評判のBass Cubとの組み合わせ。

上のBass CubのLine OutからPB-300の背面のLine Inに接続。
Bass CubのEQはお好みに設定、このEQ設定はPB-300にも反映します。
PB-300はパワードキャビなのでコントロールはVolumeが1個のみ。

接続するや否やプレイに没頭するOsamu君。

PJBの特徴であるタッピングや早弾きの反応と追従性は抜群。
微妙なニュアンスの解像度とモニタリングのし易さは群を抜いています。

”ん〜! これは!” と言ったきり、
愛用のカスタムベースで(専用のカスタムネックとPUなどかなりのカスタム仕様)
ひたすら弾きまくるOsamu君。

プリアンプや小出力のアンプが、
ライブで使えるようになる、魔法のキャビネット!!
ありそうでなかったベース専用アクティブスピーカー、”PB-300″。
予定通りであれば来月には日本初上陸!

PB-300製品情報

– 続く –


こりゃスゴイ!早くも次のPJBマジックですか?

巷では、iPadだiPhone4だと騒がれてますが、、、

我らがベースアンプ界の革命児、Phil Jones Bassも負けていません!
昨年末に発売されたBass CUBが大ヒット中ですが、
またまた驚きの新製品が登場します!

そのサンプルが昨日到着しました。
本邦初公開、まだ世界でもどこにも発表されてないと思われます。
(公開してもいいんですよね、Mr.Phil Jones?)

じゃ〜ん!!

上に乗ってる小さいヘッドは、
ピュアサウンドで練習できるベストセラープリアンプBass Buddy
新製品は、その下のキャビネットです。
え?ただのキャビネット?いやいや、これがスゴイんです。

このBass Buddyは練習用のヘッドフォンアンプですが、

後ろのラインアウトにケーブルを接続して、謎の新キャビネットと接続します。

あ、ボリュームとかパワースイッチとか映ってますね。
そろそろ、このキャビネットが何なのかバレそうです。

何という事でしょう!(古い、、、)ご機嫌なベースサウンドが大音量で!
そう、これはパワーアンプ内蔵のベースキャビネットなのです。

ただのキャビネットではなく、プリアンプや小出力のアンプが、
ライブで使えるようになる、魔法のキャビネット!!
ありそうでなかった、ベース専用アクティブスピーカーです。

お馴染み5インチスピーカーが6発。デジタルパワードアンプを
内蔵し、ライン入力を250Wパワーで増幅。小型で軽量。
こりゃ楽しい!

もちろん今回のBass Buddyだけでなく、あらゆるライン出力を接続し、
PJBのピュアサウンドで鳴らすことができるという事。
つまり、あんな事やこんな事も、、できる訳ですよ!

家でBass Buddyで練習、そのままこのパワードキャビネットを持って、
ライブに参上。すごくイイと思いませんか?

本当に入ってきたばかりのサンプルで、まだ正式な品番も価格も
決まっていません。しかし値段も中々うれしい価格になりそうな予感。
あまりに面白いので、他の機材とのコンビネーションも試して、
詳細と供に続編でレポートしてみたいと思います。お楽しみに。

LINK: Phil Jones Basss日本サイト