Phil’s Private Studio-Vol.1

今日はフィル・ジョーンズベースの生みの親、フィル・ジョーンズ氏のセントルイス。明日からはナッシュビルなので、色々と交差すると思いますが、すでに色々と写真を取りすぎて大変な状態です。

仕事も趣味もプライベートもごちゃ混ぜの煮込みみたいのが音楽に関わる仕事。彼の自宅の地下は音響マニア、楽器や音楽マニアが夢見るような環境です。

(地下のスタジオへの入り口)

(もちろんベースを中心ですがギターも含め100本以上のコレクション)

(オーディオの機材にかける情熱も半端でなく、軽く数千万の価値が。ここで聴く音はとてつもなく超越したサウンドクオリティの世界)

(レコード、CDの棚。某著名アーティストの未発売音源など)

やはり優秀な製品を作るクリエーターは、日頃から良いものを研究対象としてだけでなく趣味としても取り揃え体験しています。この後もフィルジョーンズ氏の音楽やオーディオに対しての情熱を感じさせる物やことを順次レポートして行きます。

JESのFacebookページPJBのFacebookページでも現地レポートを紹介しています。

<P.S.>
11月11日(東京渋谷)11月12日(名古屋・J’z Studio)で開催するPJB15周年記念の”PJB Bass Festa 2017″(近日正式発表の予定)の告知ビデオと、7月7日から発売を開始したばかりのアクティブスピーカーシステムAirPulse A200に興味を持っている人にビデオメッセージをもらいました。こちらも近日アップの予定です。


PJBの本拠地セントルイスから現地レポート Vol.1!

昨晩フィル・ジョーンズ氏の本拠地ミズリー州のセントルイスに到着。数日滞在しサマーナムショーが開催されるナッシュビルに向かいその後ロスの旅程。

今朝は朝食後に健康がテーマの一日。

森の中を散歩、400kmにも渡る自転車専用トレイル、

その他にも古いものに新しいものが生まれる基本がある、ビンテージヘッドホン、ビンテージピアノ、オーディオのことなど、中身の濃い一日。

詳しくはJESのFacebookページ、とPJBのFacebookページをチェックしてください。


お待たせしました〜!限定Session 77 Special出荷開始しました!

お待たせいたしました〜!

(上記写真から拡大pdfへ)
先日来お伝えしているフィルジョンーンズの15周年記念の限定モデルSession 77 Specialが入荷し、全国のPJB特約店をはじめ取扱店に出荷を開始しました。

こちらが限定75台のCherry仕様。

こちらはWalnut仕様、限定75台。

このモデルは好評のSession 77をベースに本体サイドをCherryまたはWalnutのカスタム仕様にした限定モデル。赤い三角ポップが目印です。お近くのPJB特約店または取扱店でぜひチェックしてみてください。


レギュラーモデルのSession77も好評発売中です。スペックなど基本情報は下記からご確認ください。

Session77ページ


限定モデル Session 77 Special まもなく発売!

買いやすい価格でありながら、PJBならではのハイエンドなサウンドを出すベースアンプとして、この価格帯のアンプの常識を塗り替えた「Session 77」

今月初旬、いよいよ限定モデルSession 77 Specialが発売されます!

PJB15周年を記念したスペシャルモデルで、両端がウッドパネル仕様になり、見た目の雰囲気が一気にアップ。

スタジオに置いて並べてもその存在感は抜群。正直、お手頃値段のアンプにはとても見えません。PJB15周年に相応しい、スペシャルな仕上げに納得です。

このSession 77 Specialは、両側のウッドパネルの違いにより、2モデルあります。

チェリーウッド仕様

明るめの茶色がはっきりとしたコントラストを作り出し、しなやかな印象を生み出しています。無骨なデザインが多いPJBですが、このチェリーは高級感がありながら、シャープなイメージもあり、かなり格好良い!

ウォルナット仕様

濃いめの茶色で、木目もはっきりと出て、より重厚な雰囲気をもっています。部屋に置いた時にインテリアとの相性も良さそう。正確無比のPJBサウンドに相応しい、ハイエンドな雰囲気も持った仕上げです!

コントロールはレギュラーのSession 77を踏襲しています。的確に効く3バンドイコライザー。デジタル制御のアンプを搭載し、PJBならではの透明感とスピード感溢れるサウンド。外部入力も備え使い勝手は抜群です。

PJBとしては、ローエンドに属する買いやすいアンプながら、その音はまさに本物。どこまでも破綻しない、締りのある低音は、入門用としてだけでなく、プロの現場にも使える実力を持っています。

各色わずか75台、合計150台のみの限定生産。また特別仕様ながら価格はレギュラーモデルと同じという点も嬉しいですね!

まもなく日本に入荷予定。ご予約・ご購入は、お近くの楽器店にお尋ね下さい。


<Session 77 Special 仕様>

出力:100W

スピーカー:7インチx2,3インチツイーター

コントロール:入力セレクター(Mute-Hi-Low)、インプットレベル、3バンドイコライザー(Bass, Middle, Treble)、マスターボリューム、外部入力レベル

入出力:インプット、外部入力、ラインアウト、ヘッドホンアウト

サイズ:432(幅) x  317(高さ)x290(奥行)mm

重量:12Kg

価格:オープン (実勢価格¥45,000前後)


レギュラーモデルのSession77も好評発売中です。

PJBジャパン Session77ページ