池田達也氏がPJB新製品をチェック

様々なセッションやプロデュースなど多彩な活動をする
プロベーシストの池田達也氏が当社に来訪。

PJB新製品のチェックを兼ね製品紹介のビデオ撮りがその目的。
2F当社運営のJ’z Studioを使用してほぼ丸一日滞在してもらいました。
PB-300を中心とした他の製品とのコンビネーションそれに
近日発売予定の新製品Roadcaseなど …..

話題のパワードキャビネットPB-300の上にFlightcaseをセットし
レコーディングのマイクをセット中。
PB-300が250W、Flightcaseが150W = 400W
接続はFlightcaseのLine OutからPB300のLine Inに接続。
Flightcase側のVolumeやEQの調整はすべてPB-300に反映されます。

ゴダンのマグネティックP.U.とピエゾのミックスが可能な
A5 Ultra Frettedを直接PB-300に接続!
なんていうのもプリアンプ付きのベースであれば可能です。
PB-300にはパワーアンプのボリュームだけで
余分な回路がないのでベース本来の特徴がダイレクトに反映します。

こちらは人気のBass CubとPB-300のコンビネーションでウッドベース。
かなり行けますね。生音がそのまま色づけのないサウンドとトーンで
増幅される感じでプレーヤーが違和感なくプレイに集中できそうです。

近日初入荷予定のRoadcase
2-ch, 750W, PJBオリジナルの5″ネオパワーを12個搭載。
中低域の図太いファットなトーンが魅力的で、
パンチの強いサウンドはロックプレーヤーにも最適でしょう。

午後1時から夜7時までとたっぷりの時間のようでしたがさにあらず。
やっている間にこのコンビネーションでこのベースを使って
こんなことをやったらどうなるなど …
PJBのベースアンプは色々と想像力を刺激しまくります。

近日このブログやPJB製品サイトで紹介すべく
現在ビデオ撮りした映像を編集中です。

最後に池田氏とJESスタッフ。
写真左から:ジェス、フルやん、池田さん、カズ

では近日公開予定のビデオをお楽しみにしてください。


Pino Palladino on Tour with PJB

Phil Jones氏からPino Palladinoの最新情報が届きました。

現在USツアー中のHerbie Hancock
“The Imagine Project Tour

このHerbie Hancockのツアーにベーシストとして
Pino Palladinoが参加しています。

ベースアンプはお気に入りのPhil Jones Bass製品。
ヘッドアンプにM-500
今回使用キャビはPJB製品の中で最強の5″が24発入った24B
生でぜひ聴いてみたいですね。

残念ながら演奏の一部しか見れませんが、
このツアー中の今月8月22日にNashvilleの殿堂
Ryman Auditoriumで行われた動画が下記です。


Phil Collins & Bob Babbit

ジェネシスで一世風靡、その後、多くのアーティストなどとのコラボなど、
アクティブな活動をするフィルコリンズの近況ニュース。
Phil Collinsって?

今年9月に “Going Back” というアルバムを発売予定の
Phil CollinsのPVからの写真です。
曲はLinda Ronstadt
1970年代の中頃に歌ってヒットした “Heat Wave”。
(筆者このアルバム所有)

このバンドのベーシストがあのモータウンレコードの
多くのアーティストをささえた
“Funk Brothers”のベーシスト、Bob Babbit

Bobが使ってます、プレベにPJBのベースアンプ。
ヘッドはM-500、キャビは8Tと16B
以前のブログで紹介したPino Palladinoと同じセットです。

そのPVが下記です。70’sっぽい乗りのよい曲です。
リンダロンシュタットが歌って1975年のUSチャートで5位の”Heat Wave”
PVはPhil Collins。

Phil Collinsオフィシャルサイト


PJB Briefcase Red Version復活!

大好評のSummer Campaign開催中のPJBから、
またまた新ニュース!

昨年秋に限定発売し好評だったBriefcaseのRedバージョン。
その時に売り切れで入手できなかった人に朗報です!

Bass CubのRedバージョンが好評で、
BriefcaseもRedバージョンをと、世界各地から再販のリクエストが多数あり、
不定期の限定生産ながら復活いたしました。

BriefcaseはPJB製品の中でもロングセラーの定番モデル。
2×5″Speaker、100Wと小型ながらライブ用のベースアンプ。
バッテリー駆動も可能なモバイルアンプであることも人気の一つ。
便利なBriefcase専用のキャリングバッグもつい最近発売となりました。
▶詳しくは、Briefcaseサイトへ

すでに大好評発売中のBass Cubのレッドバージョンの兄弟モデル、と言ったところでしょうか?
ベースアンプらしくない雰囲気がPJBらしいですね。

▶上記製品のお問合せ: PJB特約店又はお近くの取扱店まで。
▶キャンペーン情報:  PJB 2010 Summer Campaign