じゃあSuperではどうなのよ?PB-300レポ5

昨日PB-300とFlightcaseの組み合わせでレポートしましたが、
実はFlightcaseの兄弟分として、一回り大きな
Super Flightcase(スーパーフライトケース)というモデルがあります。

下は、そのSuper FligthcaseとPB300のスタック、
じゃなかった“合体”コンボ。

今回はスピーカーカバーを付けているので、
まったく同じようなアンプの2段重に見えます。
前回のFlightcaseもカバーを付ければこんな感じ。
ヤーなかなかカッコ良いです。

FlightcaseとSuper Flightcaseは、コントロール系は全く同じ。
違いは、スピーカー数とパワーアンプ部。

Fligthcase : スピーカー4個、パワー150W
Super Flightcase: スピーカー6個、パワー250W
(写真ではスピーカー4個に見えますが、上部に2個あります)

ちなみに、PB-300もスピーカー6個、パワー250W、
そう、実はSuper FlightcaseとPB-300は、同じ心臓部とスピーカーを持った、
こちらも兄弟なのでした!違いは、コントロール部(プリアンプ部)が在るか無いか
という事になりますよ、ブラザー!

はたして、これがサウンドにも如実に現れていたのでした。

最初は、あれ鳴ってる?と思ったくらい、
Super Flightcaseの出音が、そのまま増幅されます。
Flightcaseの兄弟だから、同じ傾向かなと思っていたら、
いやいや全く違いました。
兄弟度(?)はコチラの方が濃い。
まるでSuper Flightcase2台鳴らしてるみたいです。

もともとSuper Flightcaseは、Fligthcaseのパワーアップ版、
ということは低域もリッチ。
つまり、すでにSuper Flightcase単体で十分な低音域まで伸びているので、
PB-300を加えても、それ以上に低音域が増幅、つまりブーミーにならず、
そのまま素直に音量が上がるという事。

本当に音質が全く変わらないと言っても良い位、
とは言え合計500Wの12スピーカーになる訳ですから、
やはり確実に出音の余裕度と空気感が変わり、
プレイ状況への許容範囲が全然広がります。
この辺りは、Indigo Jam Unitのレポからも伝わってきますね。

いやいや本当に面白いなPB-300。

さて、このPB-300は取材のため一旦某雑誌社へ。
ちょっと間を置き、このレポートは異種格闘技編へと突入、、、の予定。

Super Flightcase情報
PB-300情報


やっぱり合体ってカッコいい!PB-300レポFlightcase編。

このところ集中してレポートしてますPJBの新モデル、
250W出力を持つパワードスピーカーPB-300。
(前回のレポはコチラ

今回はその第4回目、PJBで最もユニークなベースコンボアンプ
Flightcaseと組み合わせてみました。

上がFlightcase、下がPB-300。この2つ横幅がぴったり同じです。
てことは、このFlightcaseとの組み合わせを想定して設計されたのでしょうか?
バスレフポート(3つの穴)も上下で揃って、何とも個性的な外観です。
ここはスタックではなく、あえて“合体”と呼びたい!

これだけで“このベーシストただ者じゃないなっ!”と思われるかも?
Flightcaseが150W、PB-300が250Wで、合計400Wコンボになります。

Flightcaseはスピーカーが判りやすいように、カバーを外してあります。
Fligthcaseの特長である上向きスピーカーが 見えますか?

Flightcaseはアップライトベーシストにも人気があるので、
アップライトでも試したかったのですが、残念ながらすぐに用意できる
機材が無かったので、 おなじみジャズベースでサウンドチェック。
通常のトーンから、アップライトを意識したトーンまで試してみました。

結果から言うと、コレが一番面白いかも。やはりこのモデルを想定して
PB-300のトーンが決められたのかと思う程、相性が良い感じです。
低音域の深みがグッと下がり、それによりサウンドのリアル感と
パンチが 一段と広がります。

例えるなら、Fligthcase単体ならピアノトリオのギグに最適だし、
PB-300を加えれば、エレキギターやホーンが入った大人数のバンドでも
余裕の音量と音圧が得られる、と言えば伝わるでしょうか。

前にも書いた気もしますが、このPB-300は接続した機材のキャラクター
を素直に増幅しつつ、一段深い低域を加える感じです。

この感じは、音量を稼ぐ場合でも、スピーカーの口径を替えるのではなく、
どこまでも5”スピーカーの増減で対応していく事で、トーンの変化を最小限
に押さえるという、PJBのコンセプトが伺える気がします。

さらに、上にも書きましたが、
アップライトベーシストがお気に入りのFlightcaseの特長、
上向きのモニタースピーカーとコントロール。
PB-300の上に乗る事で、一層プレイヤーに近づくので
モニターのしやすさも操作性も上がります。
フィルジョーンズそこまで考えた?だとしたらやっぱりスゴイですね。

接続する機材の素性が一層はっきりするPB-300は、
やはりPJBならではのピュアサウンド。
発売は来月7月の予定です。

PB-300製品サイト


G社アコギ B-25がドック入り!

東芝EMIより1999年にメジャーデビューし、愛知県をベースに活動する
ソロアーティスト牧謙次郎氏からアコギのピックアップの相談があり、
ギターが持ち込まれました。
(本番前のリハで今晩、当社運営のリハスタJ’z Studioを使用)

そのギターは、
独特のいなたいサウンドのするギターとしてシンガーソングライターや
ブルースマンが好んで使用するボディが小振りのGibsonのB-25。
ライブで使用する時にどのピックアップを使ったらいいかの相談です。

このモデルは弦の乗るブリッジのサドル部分の両サイドがネジで止めてある、
いわゆるフローティング式である為、
アコギ用の一般的なアンダーサドルタイプが使えず、
いわば職人泣かせのタイプ。

お勧めしたのは下の完成品のように、ブリッジの構造に影響を受けない
マグネティックピックアップのL.R.BaggsのM1アクティブ

アクティブタイプなので専用のプリアンプもいらず、
ギターアンプへもP.A.へも環境を選ばずに使用できます。
その後、音だしチェック。

さっそく取り付け後に試す牧氏。

お〜! この笑顔が全てを物語っていますね。
明後日、6/25の名古屋SixDogでのライブが非常に楽しみと言っていました。

今回のライブでは、つい昨晩のライブで紹介させてもらった
Antoine Dufour氏と同様のフィルジョーンズのCub
ギター専用のモニターアンプとして試す事に。

また近日、その後の牧氏の動向をレポートする予定です。


Antoine Dufour Live in Nagoya

初来日、話題のフィンガーピッカー、
アントワン・デュフォールのライブが昨晩名古屋Tokuzoで行われました。

下の写真は夕方のリハの時のもの。

かなり高度のテクニックを駆使するも決して見せびらかすような派手さはなく、
音楽的な表現力が非常に豊か。聴いていると、心の中や自然などの情景が浮かぶような
音楽の流れがとても心地よいです。

ヘッドのスカーフはかざりではなく、ヘッド部の不要な共振から出る音を遮るため。

使用するギターは世界を代表するギター製作家ソモギ氏に師事を受け
独自のアイデアを取り入れたカナダ・モントリオールのギター製作家
Mario Beauregard氏のギター。

リハ後、少しだけ音をださせてもらいましたが、まさにソモギ氏直系の
各弦の分離がよく軽やかに3Dのごとく飛び出んばかりのサウンドと
心地よくきらめくような倍音成分を含んだ素晴らしいトーン。
(去年ソモギ氏のギターを弾いた時のレポ→こちら

前回のブログで紹介させてもらったように、彼はフィルジョーンズの
アコギアンプブランドAADのCub/カブをステージモニターとして使用しています。
(わかりにくいですが写真の右端)

今まで色々なアコギ用のアンプを試したようですが、
”Cubを選んだ決め手は、ボリュームと最小限必要なEQしかない潔いシンプルさと
生ギターのサウンドそのものをモニターできる優れた解像力”
… とコメントを頂きました。

実際、同様の理由でステージモニターとして利用するアーティストが大多数のようです。
それともう一つ、使ってます、Spider Capo

Antoineと一緒にプレイしているのは、
今回のツアーをコーディネートした亀工房の前澤さん
使用するのは年季の入った、からっとした独特のサウンドのLowdenギター。
あ! 当社代理店のL.R.BaggsのM1ピックアップを使っていました!

前澤さんもソロギタリストとして、そして日本ではめずらしいハンマーダルシマー
(前澤さんの奥様)とのデュオ”亀工房”で活躍されています。
機会があったらこちらもぜひ聴いてみたいと思います。

アコギ1本で奏でる一見地味な音楽ジャンルですが、良い音楽に対する
海外での注目度は非常に高く、実際、彼のYoutubeでアップされているほとんどが
100万アクセスを超えています。(最高1,100万アクセスのものあり。)

最後にAntoine Dufour氏の動画で。

Trilogie Acoustic Guitar

この手の音楽が好きな人だけでなく、
アコギを弾いているのにエレキの延長線のようなプレイで
行き詰まっている人や悩んでいる人に非常におすすめです。
きっとアコギの持つ音楽の可能性に、あらためて目が開くと思います。

Antoine Dufour/アントワン・デュフォール!
知らなかった人、次回の来日時にはお忘れなく!