PJB Event Day

5月1日New Yorkのすぐ近くにあるNew Jerseyの老舗リハスタBackstage Studioにてフィルジョーンズ製品を一同に集めたPJB Event Dayが開催されました。

フィルジョーンズ氏ももちろんこのイベントで丸一日みずからベースを弾いたりでホットな一日となったとレポートがありました。下の写真はフィルジョーンズ氏。

来場者は一般のベーシストを対象。アメリカでは一般のベーシストと言っても、そのレベルは非常に高く、ほとんどの人が自分のベースを持ち込みで弾きまくっていたようです。

現行のほぼ全モデルを試せるとあって熱心なベーシストで終日賑わったようです。

1月のナムショーで発表され今秋発売予定のRoadcase(2-ch, 700W, 12×5″)や同じく今秋発売予定の600W, アンプヘッドD-600の試作品も展示されたようです。

→両モデルの近況ニュースは別途案内させてもらいます。

2004年に発売開始をしたPJB/フィルジョーンズ製品。すでに知っている人にも、まだ知らない人にも、PJB製品の魅力とその可能性を体験してもらことのできるイベントを今年10月頃に開催すべく計画中ですのでご期待ください。(東京、名古屋、大阪)


PJBアーティストVol.1

ハイファイサウンドを特長とするPJBアンプ。
そのサウンドを愛するプレイヤーを順次紹介していきます。

第一回目はJean Baudin/ジーン・ボーディン

5インチスピーカーならではのハイスピードでクリアなサウンドは、
特にソロを得意とするベーシストにとっての福音になっています。
そんなソロベースを代表するプレイヤーの1人が彼、Jeanです。

アメリカ/サンフランシスコ在住、
同じくソロプレイヤーとして有名なマイケルマンリングとの競演など、
近年盛り上がっているソロベースというジャンルで注目されているアーティストです。

見た目に圧倒される10弦や11弦という超多弦ベースを使って
驚くべきソロプレイを披露します。
愛用のPJBアンプはブリーフケース

彼の名が一躍広まったのは、Super Marioのテーマを弾くこの映像。
初めて見る人も、見た事ある人も、あらためてじっくりとご覧下さい。
かなり衝撃的ですよね。

YouTube Preview Image

Pino Palladino

Phil Jonesベースアンプを使用するPino Palladino。
(M500, 8T, 16B)

先日来日した時にBass Cubを試して大喜び。

家で、ツアーで、スタジオで、どこでもいい音で使えて最高だね!
と、こんなコメントをもらいました。

来日時のライブレポートは、
当社プロデュースのリハスタ、J’z Studioのブログから。


Bass CUBレッドバージョン

●好調な販売のBass Cubにレッドバージョンが加わりました。
赤と言っても結構落ち着いた色で部屋の中に置いてインテリアとしてもおしゃれな感じです。

3月末に入荷するも既に全数が出荷。予想以上に好評でした。
興味ある方は全国のPJB特約店でチェックしてみてください。

Bass Cubを使用するアーティスト:
Pino Palladino、Francis Hylton(Incognito)のコメントと写真を
Bass Cubの製品案内サイトにアップしました。
詳しくは ▶こちらから