ゴダンギター入荷しました。

【 本日ゴダン入荷しました!】

ゴダンと言えばナイロン弦が根強い人気のブランドですが、ピエゾとマグネチックのハイブリッド・スチール弦モデルA6 Ultraや、

ジャズ〜ブルース〜ロックにもオススメのフルアコ5th Avenue Kingpinなども好評を頂いています。

ゴダンギターは全モデルMade in CANADA。(Sessionエレキなどの一部モデルはGodin USA FactoryでAssembled in U.S.A.)

9月21日より全モデル5年保証となりました。ぜひ最寄りの特約店でゴダンギターをお試しください。


PJBの無音響室にいるのは?

床はフローティング構造、壁と天井も含め部屋全体が全く反響のない無音響室。部屋に入った途端に全く音がせず方向感覚をも失ってしまうような空間。

Instagramではこのような近況の写真をアップ。ブログやFacebookにはないものも含まれます。興味ある方はぜひJESのInstagramもご登録ください。

PJBの無音響室にいるのはPhil Jones氏。全モデルが製品化される前のチェックで必ず使われるのがフィル・ジョーンズファクトリーの無音響室です。かなり広いです。

ギタリスト前田知洋氏のLoop City Tourより。
ゲストボーカル堀沢麻衣子。

地道に売れています。ロッキングぺぐのシュパーゼル。
Made in Cleveland, Ohio.

アコースティックギター用デュアルPUの最高峰、
AnthemとMid 70s D-28。


Godin最新ニュースはFB専用サイトからも

ゴダン関係のニュースはこのブログの「Godin」以外にもFacebookで観ることが出来ます。つい最近そのGodin Japan Facebookのトップ画像を下記にリニューアルしました。(写真クリックでゴダンのFacebookサイトへ)

写真は今年2017年夏に行われたMultiac Nylonを使用するギタリスト前田智洋氏リーダーのLoopCity Project Tourより。(ボーカルはゲスト出演の堀澤麻衣子さん)

前田智洋オフィシャルサイト
堀澤麻衣子オフィシャルサイト


LRバックスPU取付近況ニュース

【 L.R.バックスP.U.取付近況ニュース 】
相変わらず全国のお店や工房からピックアップ取付と調整の依頼が殺到しています。楽器やブランドごとの特徴に合わせベストなサウンド出力を得る為のピックアップの洗濯、取付、調整は経験と知識の差がかなり大きく影響します。

本日ピックアップを取付けた一部のギターをご紹介します。

当社近くに工房を構えるPurityさんのウクレレはFIVE-Oピックアップの指定で当社で取付けセットアップをしています。手が入らない小さいサウンドホール越しの作業はかなりの技術も要求されます。

M社のHD28をベースに製作された素晴らしいサウンドのInuyama Guitarにはデュアルピックアップの最高峰モデルAnthhemシステム。このギターサウンドの特徴を余すことなく表現します。

1970年代のカラマズーファクトリーで製作されたオレンジレーベルのハミングバードには定評のマイクシステムLyric。40年もの時代を経たギターそのものが持つ素晴らしくも枯れたサウンドを表現するにはマイクのみのLyricのシンプルさが合うようです。

次のギターはGuildのやや小ぶりのJumbo Junior。このギターにはAnthemをよりシンプルなプリアンプとコントロールで製品化されたAnthem SLが取り付けられ小ぶりのボディを感じさせないサウンドにまとまっています。

最後の写真は1975製のマーチンD-28。外観とサウンド共にいい感じで年を重ねています。このギターにはアンダーサドルのElementとTru-Micのマイクとのデュアルピックアップがブレンドでき繊細なサウンドを再現するAnthemを搭載しました。

L.R.Baggsのピックアップに関するご質問、自分のギターには何が合うのか、ライブが中心なのかレコーディンのみなのか、また取付けのことなど詳しは最寄りのL.R.Baggsプロショップにお問合せください。