Phil Jones, Bobby Vega来日ニュース Vol.3 – 東京編

【 PJB Bass Fiesta – Vol.3・渋谷TSMスクールオブミュージック 】

すでに当日の写真を何枚かご紹介していますが、11月11日の渋谷TSMスクールオブミュージックで行われたBass Fiestaのレポートです。

当日本番前の時間でジャズライフ誌のインタビューが行われました。

Phil Jones、Bobby Vegaそれに日本で初インタビューをしたセッションベーシストの池田達也氏。池田氏にはこの15年間PJBのアドバイザーとして多くの貴重なご意見やアイデアをいただいています。

Bobby Vegaのプレイが始まると来場者全員が間近で見るデモ演に目が釘付け。

中でもピックで弾くBobbyならではのFUNK BASSは圧巻です。

その後Phil Jones氏もこの15年を振り返って皆様にご挨拶。この15年の中で5インチのスピーカーに一貫してこだわったコンセプトを貫いて来ました。サウンドが濁らず、スピード感と音程感が優れていることが最大の特徴。これは2002年のデビュー以来まったく変わっていません。

Bassist,、Recording Engineer,、PA Operator,、スタジオモニター設計などサウンド関連のあらゆる分野で大きな実績のあるPhil Jones氏。これからも多くの独創的な製品を世に送り出してくれることでしょう。What’s Next?

目ざとい人は気が付いていたと思いますが、会場の一角にはその後、国際放送機器展InterBEEでデビューした大注目のAirpulseブランドのアクティブ・デジタルスピーカーA200の展示も。詳しくはこちらから。

後は自由にPJBの製品を試したりBobbyに直接質問などが多く寄せられました。

製品を熟知した池田達也にも当日会場でお手伝い頂きました。PJB製品を実際にプロの現場で使っているだけにいつも的確なアドバイスをいただけます。

終了間際に、リットーミュージックBass Magazineの近藤さんら一行やBass Ninjaこと今沢カゲロウさんが来たりで一日中賑わいました

今回Bobby Vegaと同時にU.S.A. Bass Playerマガジンの編集者Elton Bradman氏も取材のため来日。アメリカでもさらにブレイク中のPJBの日本での展開にも注目。来年2〜3月発売のBass Playerに記事として載るようです。

下の写真左から、Elton Bradman(USA Bass Player Magazine)、Phil Jones、Bass Magazine編集長の近藤氏、Bobby Vega。

新製品のアンプヘッドD1000とニューキャビネットC9を試すBass Ninjaこと今沢カゲロウ氏。当社マーケッティング担当でベーシストのYoshi古田と。

 

Bobbyの経歴や音楽などでヘルプをいただいたプロベーシストのJimmy前田氏とも話がはずみました。左から、Jes斉藤、Bobby Vega、Jimmy前田氏。

打ち上げ時の(左から)Yoshi古田、池田達也、Bobby Vegaの各氏。

この次は翌日のPJB Bass Fiesta 名古屋編。


コメントは受け付けていません。