Phil Jones, Bobby Vega来日ニュース Vol.4 – 名古屋編

【 Phil Jones, Bobby Vega来日ニュース Vol.4 】
11/11東京の翌日早朝に東京を出発し名古屋へ。11月12日はJESの本拠地名古屋市の東隣の日進市にあるJ’z StudioでPJB BASS FIESTAのイベントでした。

早速Bobbyが登場!自分のスタイルのベースを弾き始めます。

今回要のゲストベースプレーヤーBobby Vega氏はSteve Kimockの今年1月のジャパンツアーのサポートベーシストとして来日していたんですが、その時は東京、大阪、横浜のみのライブツアー。

名古屋でのライブがなかったこともあってか、関西方面や豊川、豊橋からの遠方から来られた方もみえました。

デモ演後半でPhil Jones氏が登場。この15年間貫いた思い、コンセプトや製品づくりなどの話を聞けました。

最後はJ’zの音楽教室でボーカルの講師をしているモモちゃんやPhil自身も加わった打ち合わせなしのジャムセッションなどもあり盛況のうちに終了しました。

このようなイベントでの醍醐味は間近でデモ演が見えることや直接アーティストと話をしたりできることですね。


今回使用したPJBのアンプは、以前からのスタンダードでありベーシックなアンプヘッドM500に6T, 16Bキャビネットのセットと最新モデルの1000WアンプヘッドD1000に新キャビネットC9(2台)のセット。

最後の写真はBobbyのトレードマーク1961 Jazz Bassの裏のShark。

PJB JAPANのFacebookでもレポートしています。次のレポートでは唯一オフ日の京都、J’z Studioでのビデオセッションの模様などをお伝えします。


コメントは受け付けていません。