PJBのキャビネットが凄い事になっていた(紹介編)

今月発売されたPJBのベース用キャビネットCAB-47は、早くも大反響。昨年発売されたコンボアンプSession77と同じく、PJB初のツイーターを搭載するキャビネットとして、早くから注目されており、入荷するなりPJBを扱うディーラーさんで試奏が絶えない様子です。

さて、まだまだ入荷して話題沸騰なCAB-47ですが、実は他のキャビネットもとんでもない事になっているのをご存知でしょうか?

上の写真をごらんの通り、CAB-47の入荷に合わせて、他にも2モデルが同時に入荷しました。どれもいわゆる10インチ4発の一般的なキャビネットに比べたら圧倒的に小型で、ベーシストにとって使い勝手が大変良いサイスです。

小型軽量のキャビネットが3種類もあり、それぞれにしっかりとしたコンセプトとトーンを持っています。嬉しいような、迷ってしまいそうなこの贅沢なラインナップ!

今回CAB-47と同時に入荷した2つのキャビネットを一気に並べて試奏する機会がありましたので、レポートしていきます。なかなか凄いことになっていますよ!


あらためて、今回比較するのは、以下の3モデル。

最初に紹介したCAB-47は、新しい7インチスピーカーと、PJB初のツイーター搭載キャビネット。今までのPJBサウンドとは異なる迫力と、ツイータによる心地よいハイ抜けが特長。

C4は2014年の発売以来、絶妙なコンパクトさと、サイズを超えたタイトな低音で大人気のキャビネット。今回の入荷からスピーカーがマイナーチェンジされ、よりワイドレンジでキレのよいサウンドになりました。見た目にも先端のシルバーコーンがイケてます。

そして、さらに新しいモデルとして登場するのがC4L。C4を軽量化した派生モデルです。C4自体もかなり軽量ですが、さらに軽量化することで、片手で軽々と持ち上げられる10キロ以下を実現しています。

フィルジョーンズベースといえば、小型軽量アンプが大定番となっていますが、他には真似のできない秘密の一つは、自社開発の高性能スピーカーにあります。

元々スピーカーデザイナーとして、70年代から多くの伝説を残してきたフィル・ジョーンズ。そのこだわりは半端ありません。

今回のブログはここまで。次回のブログで、じっくりと弾き比べ、サウンドとチェックとまいりましょう!

<サウンドチェック編につづく>


SUITCASE COMPACTのビデオレビュー

PJBのコンボアンプの中で現在最もポピュラーなモデルがSUITCASE COMPACT。この製品ビデオレビューがデジマートマガジンにアップされました。

写真はSUITCASE COMPACTとエクステンションキャビネットのC4。
写真から製品情報ページヘ。SuitcaseCompact&C4_red

SUITCASE COMPACT, C4共に4 X 5″で幅/360 x 高さ/340 x 奥行き315mmの同サイズ。見た目の小型サイズの割に驚くほどの大音量とピュアなサウンドが受けている理由ではないでしょうか。

自分のモニタリングサウンドのクオリティにこだわるというトレンドが最近は顕著になってきているので、そのようなベースプレーヤーにはうってつけのシステムと言えます。

SUTICASE COMPACTのデジマートマガジン紹介ページはこちらから。ビデオ以外にも詳しいレビュー記事が出ていますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

Phil Jones Bass日本語サイト:pjbjapanバナー


2種類のC4をセルフレビュー!

今日は当社2Fのジェイズスタジオで、ベースキャビネットの比較チェックをしました。比較テストをしたのは、レギュラーモデルのC-4と、同じキャビネットながらスピーカーのみが違うC-4 Light。
C4-A-400
左: D-600ヘッド+レギュラーモデルの「C-4」キャビネット。
フェライトマグネット仕様の5″ピラニアスピーカーを使用。このスピーカーはロングセラーを続けるBriefcaseと同じもの。タイトでヌケが良く、音質だけでなく、このサイズから出ているとは思えない、音量と質感があり、いつもその素晴らしさを再認識させられます。(重量:13.16kg)
C4-B-400
右は: D-600ヘッド+テスト用「C-4 Light」キャビネット。
この所、多くのベースアンプメーカーのキャビネットで使われているネオジュームマグネット仕様の5″スピーカーを4個使用。最大の利点はフェライトマグネットスピーカーと比べ20%ほど軽量化されること。音質はふくよかで温かいトーン。レギュラーのC-4と比べ、明らかにサウンドディレクションが異なった個性を持っています。(重量:9.7kg)
C4-C-400
このC-4 Lightはあらたに販売するモデルではなく、比較用としてあらためて入荷したキャビネットです。C-4キャビネットの開発時にも比較していたC-4 Lightですが、Phil Jones氏の選択と決断が現在発売中のC-4です。このようなテストを随時行いながら、日本でのテストも考慮してもらい製品開発が日々行われています。

筆者は来週久しぶりにPhil Jones氏を訪ねてPJB Factoryを訪問の予定です。今年1月にNAMMショーで発表のD400ヘッドの最終形ができているのではと思います。関連情報をお楽しみにして下さい。

150714pjbjapan2


プロ仕様小型アンプと言えば …

アンプの常識をくつがえすオリジナル5″のスピーカーを使った革新的なベースアンプ、それがフィルジョーンズベース。プロ仕様小型アンプと言えばフィルジョーンズアンプとの評価を頂くようになって来ました。

ワイドレンジでフラットなトーン、レスポンスの速さ、ノイズの無さ、耐久性の高さなど、完全なプロ仕様アンプとしてプロ・アマ問わず熱い支持を得ています。

PJB2015summer-400
ブラックフィニッシュに加え、写真のレッドフィニッシュは発売以来予想以上に好評を頂いております。最寄りのPJB/フィルジョーンズベース特約店でぜひお試し下さい。
150714pjbjapan2