お待たせです。Bass Cub入荷しました!

お待たせいたしました!しばらく在庫切れのBass Cubが入荷しました。

Phil Jones Bassの中でもDouble Fourと共に人気No.1のBass Cub。しばらく売り切れ状態でしたが、お待たせいたしました!本日より全国のPJBショップへ出荷を開始しました。写真の赤バージョンは渋いカラーですが黒6に対して4くらいの割合の販売傾向となっています。

Bass Cubの主な仕様は、PJBのNeo Powerスピーカー5″x2、2ch、100W。小型ながら本格的なプロサウンドでDouble Fourと人気を2分するベストセラーモデルです。最寄りのPJB特約店でぜひお試しください。Bass Cub製品サイト:https://goo.gl/UV54yd

そして今回2つの新製品が到着。
共に今年1月のNAMMショーで紹介されたモデルです。

ハイパワー1000WのベースアンプヘッドD1000と、新スピーカー搭載のC9が初入荷!近々にテストレポートで詳しくご紹介いたしますのでお楽しみにしてください。


NAMM2017・PJBニューモデルD1000ベースアンプヘッド先行情報!

来年1月のNAMMショーで発表する予定製品の先行情報をお伝えします。約3週間前にPJBファクトリーのスタジオ内で、その最終チェックが行われました。可能な範囲で何点かのニューモデルをご紹介いたします。

まずフィルジョーンズ氏のシビアな最終チェックもパスしたベースアンプヘッドのD1000。

D1000は、ピュアサウンドの伝統を受け継いだPJB史上最大出力の1000Wのベースアンプ。繋いだ瞬間に感じる、お!、… というあの感覚です。

下の写真で、上にあるのは好評発売中のD400。その下にあるのがD1000。D1000はまだ本サイトにアップされていませんが、他のPJB製品もオフィシャルサイトでぜひチェックしてみてください。 http://pjbjapan.com

PJBの伝統を受け継いだ新たなフラッグシップモデル、D1000。いよいよ2017年に新登場!来春の発売が待ち遠しいです。

続編情報があれば、このブログやPJB Facebookページ、JES TwitterJES Instagramなどでもお伝えします。

pjbjapanバナー


NAMM2015-PJBからニューヘッド登場!

NAMM2015、PJBブースから新製品の紹介です。

今回、待望のニューヘッドアンプが登場。
PJBならではのクリーンでピュアなトーンは勿論の事、今まで以上にパワフルでダイナミックレンジが広く、その反面、重量が軽くコンパクト。Bass CUBやDouble Fourなど、小型プロアンプに画期的なスタイルをもたらしたPJBが、コンパクトへっどで再び旋風を巻き起こしそうです。

パワーとチャンネルの違いで2機種が発売の予定です。

D1000
パワー;950W/4Ω 重量2.5Kg
独立2チャンネルで、入力を二種類セッティング、フロントスイッチもしくはフットスイッチで切り替え
AUX-input、Limitter装備

P1130012400

D400
パワー;350W/4Ω 重量1.3Kg
1チャンネル、Limitter装備

P1130011400

NAMMショーで出品されているサンプルはパラメトリックイコライザー等、凝ったトーンサーキットが搭載されていますが、プロプレイヤーの意見を参考にしつつ、コントロールのタイプ、効き具合、周波数帯域の微調整など、さらなるブラッシュアップがされる様です。またプロの機材として耐久性も勿論しっかりとテストされるのはPJBの製品として当然の事。

最終的に製品として完成、日本に導入されるのは、春以降の予定です。最終スペック、価格などの詳細はまたブログで報告していきます。ご期待下さい。