デジマートにPJB小型アンプ製品のビデオ&記事が出ました。

“プロ用小型アンプ”という新ジャンルを創出した注目ブランド、PJB!
二家本亮介がフィル・ジョーンズ・ベースの実力に迫る!

デジマートにPJBの小型アンプの特集ハイライト記事とビデオ動画が載りました。小型ベースアンプのDouble Four, Bass Cub, BriefcaseやプリアンプのBass Buddyに興味のあるベースプレーヤーには必見です。下記画像クリックでデジマートのPJB特集ページへ。

デジマPJB

…….   下記は記事内容からの抜粋  …….

<フィル・ジョーンズ>
ブランドの創業者であるフィル・ジョーンズ氏は、ジェームス・ジェマーソンに憧れて13歳でベースを始め、大学で電気を専攻した後に改めてウェルシュ音楽大学に入学し、コントラバスを学ぶ。その学費はクラブやスタジオでの演奏で捻出したという程のベース・プレイヤーだ。卒業後は世界的なオーディオメーカーを渡り歩き、「初恋に戻った」と念願のベース・アンプ制作に着手。それがこのフィル・ジョーンズ・ベースだ。

プレイヤーとエンジニアという両方の視点から作られたフィル・ジョーンズ・ベース。そこには小型化・軽量化のための独自のノウハウと、プロのべーシストを満足させるだけのクオリティが詰まっている。

<二家本亮介>
今回、二家本氏はサドウスキー(アクティヴ)、フェンダー・ジャズ・ベース’63年製(パッシヴ)、ウッド・ベース(C4、Bass Buddyではゴダン製フレットレス・ベースも使用)で同ブランドの小型ラインを中心に5機種のサウンドをチェック。また試奏動画では、各アンプのサウンドを比較しやすいように、同じフレーズを使って試奏してもらった。それでは早速、そのサウンドをチェックしていこう。

二家本亮介(にかもとりょうすけ)PROFILE:
1986年1月16日生まれ、山口県岩国市出身。リュ・シウォンや高橋みなみ、豊崎愛生、DIMENSIONなどのライヴ・サポートで活躍。レコーディングでは榊原ゆい、中川翔子、BREAKERSなどの作品にも携わる。ボカロPのsasakure.UKを中心に結成された有形ランペイジでは、DTM楽曲を生演奏で再構築する独自のコンセプトで活動。発売中の1stアルバム『有形世界リコンストラクション』でも、太くキレのある低音を響かせる。

 

052913-PJB-Japan

052913-BassLiner


ミニベースアンプ、どちらを選ぶ?

PJB新サイトが5/2日にスタートしました。ベースプレーヤーには必見の内容です。まだの方はぜひご覧になって下さい。(▶PJB JAPAN新サイト

 

***************************

 
PJBの小型アンプが堅調な販売となっていますが、
最近一番多い質問が、「Bass Cubか?それともDouble Fourか?」。いざどちらかを購入となると迷う方も多いようです。

定番となったBass Cubをさらに小型化したミニベースアンプがDouble Four。どちらを選んでもこのサイズからは想像もできない驚異的な本格ベースサウンドです。

BM2013-5PJB-400

(上記画像クリックでPDF案内へ。)

DTM、作曲、練習など自宅での使用が主にになる方はDouble Four。自宅での使用以外にもレコーディング、ツアーで携帯、アコースティックライブなどでの幅広い使用ではBass Cubをオススメします。

PJB JAPAN新サイトへ

▶PJB製品のお問合せは、最寄りのPJB特約店または取扱店まで。

 


Double Fourレビューby小笠原義弘

Savoy Truffle、Blue Stone Companyを経て、数多くのアーティスト(松浦善博・ジョニー吉長・菊田俊介・ichiro・大谷令文・中野督夫・湯川トーベン・Toshi Hiketa・マーティーブレイシー…)とのセッションやレコーディングで多忙なベーシスト小笠原義弘氏からDouble Fourのコメントが届いたので紹介させてもらいます。

小笠原-1

 

「最近リリースされたこのアンプなんですが、もの凄い便利なんです。普通にアンプとしても使える訳なんですが、パソコンのiTunesやスマホの音源を入力してレベルをあわせて曲にあわせて練習出来るんです!、しかもやかまし~~~~~とか言われたらヘッドフォンでやりゃ~~はい、問題なし!!

サウンドはBass Cubと同じハイクオリティですね。これDOUBLE FOURは70Wなんです。それなのに強烈に軽い!家での練習にもいいけど、アコースティックなライブでも充分使えます!!これはとてもいいです!!パソコン音源が使えるのがありがたいです~

小笠原-3

そして、ライブの時なんですが、私の場合はアコースティックギター、ボーカルも担当する時がありまして、小さなライブバーでやらせていただくときなんかは、自分用のモニターとして、DIとして非常に便利な使い方が出来ます。

小笠原-2

自分の好きな音量を自分でアンプ調整と同じような感じで設定出来ますのでとても便利です。二つ一緒に段ボール一つに納まりますので郵送もらくちんです。一つなら肩から下げて移動出来ます。旅の必需品ですね!!」

小笠原-4

小笠原氏は以前よりDouble Fourより一回り大きいBass Cubも使用しています。ツアーの時のプラクティス用、アコースティックライブなどでかなり多用しているようです。

小笠原義弘オフィシャルサイト
Double Four日本語製品サイト

 

D4

 


Mike Bendy & PJB Double 4

スーパーロングスケールの6弦ベースを縦横無尽に弾きこなのは、最先端ジャズの中心、ニューヨークで活動中で注目のベーシストマイク・ベンディ(Mike Bendy)。

mikeBendy-2

マイクともう一人のベーシストを中心としたツインベースのジャズバンドHipstar Assassinsでも活動中。もう一人とはあのジャコ・パストリアスの息子、フェリックス・パストリアス。2人とも超絶技巧の持ち主で、複雑なフレーズとリズムが絡み合う、いかにもニューヨーク最先端ジャズという感じのグループ。

そのMike Bendy氏より写真とコメントが届きました。

mikeBendy-1

そのモデルはフィル・ジョーンズの話題の新作Double Four

mikeBendy&D4

Mike Bendy氏よりのコメント。

フィル・ジョーンズのDouble Fourはこんなに小さいのに、凄いパンチと驚くようなクラリティのトーンを持っている。Aux入力を使って音楽の練習や制作に大活躍だよ!

This little Phil Jones Double Four packs a tremendous punch and Amazing Clarity!!!! Been the best musical learning tool with the aux input. BOOM!

 

ライブではD600ヘッド12Bキャビを使っているようです。

mikeBendy-3

 

D4