ゴダンにしかだせない音がある

エレガットと言えばゴダン!
ライブで弾かれることを大前提のコンセプトとして開発されたゴダンのエレガット。その中で代表モデルが下の写真でギタリスト前田智氏が弾いているMULTIAC NYLON

<ゴダンよりの近況ニュース>

●9月21日より、ナイロン弦の主要モデルを対象として、ゴダン取扱店での店頭価格が大幅なプライスダウン、ご購入のチャンスです!

●さらに、全モデルカナダ製のクオリティ保証として、5年間の保証サービスを開始いたしました。(9月21日以降にご購入の方が対象)

この機会にぜひ最寄りのゴダンギター特約店でぜひチェックして見てください。

・Godin 製品をお求めの際は、セッティングや修理などのサポートが整った正規輸入品をお選び下さい。・並行輸入品など正規外商品のメンテ及び修理は受付け出来ない場合がありますので、ご注意下さい。


Tomo藤田 in Nagoya with 原田喧太

昨日名古屋でのTomo藤田&原田喧太のジョイントライブ、Guitar Circus Volume 6に行ってきました。会場は名古屋大須のライブハウスEll Fits All。

一部のアコースティックコーナーではTomo藤田氏がゴダンのナイロン弦Multiac Nylonを使用。原田氏はTaylorのスチール弦モデル。

2部は原田氏のバンドKATAMALIとTomoさんのオリジナルで美しいメロディのKYOTO。同じくTomoさんオリジナルのDRIVING IN TEXASではオリジナル・バージョンよりかなりハードロック色の強い演奏。

毎年違ったアーティストとのジョイントツアーを通じて同じ曲でも色々な解釈と表現で曲の印象が変わります。そのコラボレーションをTomoさんも共演のアーティストもしっかりと楽しんでいるようです。

このツアーの最終日は5/20(土)東京・下北沢のGARDEN。中々興味深いジョイントコンサートです。興味のある人、最寄りの人はぜひ。

Tomo藤田オフィシャルサイト


大澤誉志幸「渡り鳥ツアー」ライブに行って来ました。

作曲家、また音楽プロデユーサーとして、多数のアーティストの曲を手がけ、自らもアーティストとして活躍中の大澤誉志幸氏の10/23日、名古屋TOKUZOでのライブに行ってきました。

度々お伝えしているように大澤氏のメインのギターはゴダンのマルティアックナイロン/Multiac Nylon
400-IMG_9869

下の写真はつい最近完成したCDのジャケット。実は、今年ツアーの途中で2度に渡り当社のJ’z Studioでレコーディングの為、数日滞在。そのCDがついに完成しました!
Favorites2-400

そのジャケットの裏に、J’z Studio/JES/Godin/Phil Jonesなどのクレジットをアルバム上に頂きました〜!
Favorites2裏-400

気ままに全国を旅をしながらライブをやるというコンセプトのこの「渡り鳥ツアー」は今回名古屋で54本目。10/25、下北沢GARDENが最終公演となります。400-IMG_9926

ベース以外にも色々なサポート役の井ノ上さん、パーカッションはShinigamiくん。
400-IMG_9899

会場は大盛り上がりの一日でした。400-IMG_9881

大澤さんの使用楽器の紹介です。
当社関係では、ゴダンのMultiac Nylonのほか、JC120の左隣りがパーソナルモニターとして使用しているPJBのCub-2(アコギ用アンプ)、L.R.BaggsのプリアンプVenue D.I.など。400-IMG_9845

ベースの井ノ上さんの使っているのはプロジェクトコード”BBC” 200W RMS, 3 x 5″。プロトタイプのまま製品化されなかったモデルですが、今回ステージ上のモニターアンプとして使用してもらいました。400-IMG_9850

本番終了後、大澤さんと2ショット。音楽も旅も遊びも、自然の流れで全力投球。いつも元気をもらいます。
400-IMG_9934

・大澤誉志幸オフィシャルサイト
http://ohsawayoshiyuki.com/

・ゴダンギター日本語サイト:
151005pjbjapan


大澤誉志幸 on Godin Japan site

現在「渡り鳥ツアー2015」で全国ツアー中の大澤誉志幸氏をフィーチャーした写真が、本日よりGodin Japanサイトのトップ画像に加わりました。使用ギターはナイロン弦モデルの定番Multiac Nylon。(ステージモニターアンプはAirPulseのCub-2

大澤誉志幸「渡り鳥ツアー2015」公式サイトGodinOsawa-400
そして何とツアー途中の名古屋で急遽、当社リハ&RECスタジオ、J’z Studioでレコーディングが行われました!
大沢JZ-2
レコーディングの合間に、つい最近、発売開始となったL.R.Baggsの話題のプリアンプ、Session Acoustic D.I.をチェックする大澤氏。
大沢JZ-3
自らの音楽以外にも、数々のトップアーティストのレコーディングを経験しているだけあって、Session D.I.のSaturationやマルチコンプEQなどの意味や効果を熟知しています。どうやら合格点を頂いたようです。大沢JZ-4
レコーディングは当社別館のJ’z Studio Westで行われました。
大澤JZ-1
ツアー途中の7月中旬に再度のレコーディングが決定しました。
大沢JZ-1
レコーディングでは別のドラマーですが、色々と楽しんで頂けたようです。
SessionバナーJES-FB