2016NAMM速報-PJB史上最高のコストパフォーマンス!

フィルジョーンズのアンプといえば、ハイエンドな音質のプロ仕様アンプとして定着していますが、その音質の分、価格的に初心者には手の出しにくいモデルが多かったかもしれません。

しかし、今回NAMMで、ずばりコストパフォーマンスをコンセプトにした製品が登場。価格を抑えたPJBプロサウンドのライブ用ベースアンプ、それが”Session77”です。

6

装飾分のコストを抑えるため、見た目はシンプル。いつものPJBのプロ機器っぽい外見とは少し違います。ですが、これが逆にすっきりとしていい感じ!

S-77-2

出力100W、横幅40cm縦30cmほど。Bass CUBDouble Fourなどの、あっという程の小型ではありませんが、キャビネットが大きい分、自然な低音がしっかり鳴ってくれそうです。

コントロールはミュート及び入力ゲイン切り替えスイッチを含む本格的なもの。トーンコントロールにはBass CUBやDouble Fourで定評の3バンドを装備。AUX入力も備えます。

ノブはファンシーな感じで、ちょっとコスト削りすぎかなぁ、と思っていた処、発売されるモデルでは、もっとデザインの良いノブが採用になるとこのことで、一安心(?)s77-5

そして、特徴的なのがスピーカー。PJBの代名詞でもある5インチではなく、新開発の7インチを2発。そしてなんと初のツイーターも搭載しています。これによりハイの抜けは素晴らしく良いです。スラップの音も気持ち良い。

S-77-3

実は事前にPJBからの情報でコストパフォーマンスモデルが出ると聞いていたんですが、PJBサウンドが保てるのかなと心配でしたが、逆にびっくり。ワイドレンジで素直に良いアンプに仕上がっていました。低音も締まっており、チープなアンプのサウンドとは全く別物。反応の良さと音の締まりは妥協ないPJBサウンドそのものです。

気になる価格は、アメリカでのストリートプライスが399ドル。今までのPJBアンプに比べると半額とは言わないですが、それに近いぐらい安い価格です。この価格でもしっかりPJBサウンドですから、これは売れるでしょう。実際NAMMの会場でもかなりの受注が入った様子でした。

日本での発売は春頃を予定しています。価格も間もなく発表できると思いますが、この上のグレードのSuitcase Compactなどと比べると、かなり魅力的なプライスの製品になりそう。

S-77-1

Session77、こいつは今年の台風の目になりそうな予感がします!

pjbjapanバナー


2016NAMM速報 – ベーシストための画期的モニターとは?

NAMM会場のPJBブースでデモ演奏する今沢カゲロウさん。この写真には、PJBが提唱する、ある画期的なプロダクトが写っています。お分かりになりますか?earbox3

正解は、写真左のPJBという黒い丸のロゴの中央部あたりに浮かぶ超小型のスピーカー。その名もEarBox。ベーシストがどんな環境でも、正確に自分の音をモニターできるように開発された、超小型モニタースピーカーなのです。

ベースアンプからの拡張スピーカー端子を接続し、中高域を中心としたクリアな音を至近距離でモニターできます。たとえ本体のアンプが離れていても、正確に自分の音をモニターできるという今までにない画期的なアイデアです。もちろん重低音は出ないのですが、低音になるにしたがい無指向性になるという音の特性を活かすことで、このスピーカーから、さもフルレンジで音が出ているように聞こえます。

新開発の2.5インチスピーカーを2基搭載、ハイインピーダンスで、本体のスピーカーの出力に影響を与えない設計。マイクスタンド用のネジ穴があり、簡単に設置できます。

使い方を含め、製品パテント申請中とのこと。

earbox1

黒いボックスのバージョンがこちら。earbox4

この様に自分のすぐ側に設置してモニターできます。熱心に音を確認するのは、セッションプレイヤーのNelson Rios。earbox2

ブースを訪れたのはネイザンイースト。早速フィルジョーンズ自ら熱心に説明していました。その画期的なコンセプトに熱心に聞き入るネイザン。

earbox5

ぜひ自分のスタジオでも試してみたいというネイザンは一台持ち帰ることに。earbox6

このモニターもショーでのコンセプトモデル。今回のショーでは、意欲的なコンセプトモデルのラッシュに、興奮を隠せないPJBのブース。まだまだ紹介するモデルがありますので、この後のブログにもご期待ください。

pjbjapanバナー


2016NAMM速報 – 超小型で超クリーンなベースアンプ

アンプというのは、音量が小さくなる程に高音も低音も貧弱になりがちなもの。とはいえ家で練習する時には大きな音が出せない。このジレンマを解消するというコンセプトで開発されたベースアンプがQ400。

Q-400 red

大きさは一辺20センチぐらいの正方形。一見すると入門用の安価なベースアンプにも見えますが、その実力は全く本物。実はこのアンプ、昨年のNAMMショーでも展示されていましたが、できたばかりのプロトタイプという感じで、音質やスペックなどは未完成な雰囲気でした。が、今年はさらに完成に近づいたようです。

入力はミュートを含む2段階の感度セレクターとゲイン。続いて3バンドイコライザーとマスターボリューム。それに外部入力ジャックとレベルコントロールも備わります。

またベースアンプとしては画期的な、Bluetoothにも対応。外部音源を無線で鳴らすこともできます。

DSC_0466

スピーカーはなんと2.5インチという超小型。ベースアンプ用のスピーカーとは信じられません。しかし、これが小音量でも、素晴らしい反応と透明感をあるサウンドを生む秘密。ネオジミウムマグネットを使用した新開発のスピーカーです。出力は70W。

DSC_0468

また超小型なのに、大変充実した低音が出るのは、背面のパッシップラジエーターのおかげ。これはベストセラーモデルDouble Fourの技術を更に磨きをかけたタイプとのこと。DSC_0467

デジタルで制御されたキレのあるトーンを、超小型のスピーカーとパッシブラジエターで鳴らす事で、家で鳴らす音量域で、最高にバランスのとれたプロサウンドを生み出しています。

DSC_0469

極めてシンプルで明確なコンセプトながら、なかなか実現の難しいテーマに、独創的なアイデアで形するあたり、まさにフィルジョーンズならではですね。

実際の日本での販売は時期未定、追って情報ご案内していきます。


2016NAMM速報 – Godinブースは前年比2倍のスペースで大盛況

今年のゴダンNAMMブースは前年比で2倍のスペースに拡張され、新製品以外にも、NAMM全日の4日間、世界中からの色々なアーティストのミニショーがステージで行われ、連日大盛況のブースでした。製品情報の前にブースの雰囲気をお伝えします。

下はGodinブース入り口付近。2Fにあり完全独立した部屋での展示となっています。(Jes, Tomo & Yoshi)
P1140824

ショー前日にTomo Saito, Patrick Godin, Jes Saito & Robert Godinで写真に収まりました。P1140811

下の写真は、左から、Jes, Janet Godin, Lloyd BaggsとRobert Godin。こんなふうにメーカーのトップ達がそろうのもNAMMならでは。GodinギターにもL.R.Baggsのピックアップが使われています。P1140999

期間中は連日新製品をチェックしたり、ライブを見たりでPJBブースとともに一番時間を費やしたブースです。P1150105

リイシューのAcousticasterが春すぎに発売されます。P1150108

5th AvenueシリーズやSummit Classicなどの試奏が絶えません。P1150041

ナイロン弦モデルはいつも大人気。ソリッドボディ、ガット仕様、7弦、など多くのバラエティを持つのもゴダンならではです。
P1150042P1150040

ブース内はいつも人が多くてなかなか全体が写せません。P1150044

入り口周辺にライブステージエリアがあります。P1150051

ミニショーがゴダンのステージで絶えず行われていて、いつも黒山の人だかりでした。

日本から参戦したのはワンマンライブで日本中でライブをやっている今沢カゲロウさん。会場にあったアーティストライブのスケジュール表にQuagero – Japanの表示が。IMG_2100

QuageroさんのライブはJan.23 Saturday。カゲロウさんのライブはレポート済。ステージに常設のベースアンプはゴダンから事前に依頼のあったPJBのSuitcase Compact+4B。どんなシチュエーションでもいい音してます!ゴダンのベースとの相性もばっちりです。IMG_1395

他にもProgression Plusで指板をスキャロープ仕様で使っている最近話題の超絶ギタリストMike Kerr、
IMG_2096

ラテン・ミュージックで定評のRoger Espino, Joe Calderon, Nelson Riosのトリオなど、素晴らしい音楽が一日中繰り広げられ活気のあるブースとなりました。P1150039P1150032

ゴダン新製品関係のニュースがこの後も続きます。

JES-FB