Session 77のネーミングの由来は新開発7″ドライバー2機!

少し前にご案内したPJBの新製品Session 77関連のニュースです。

P1150448

フィルジョーンズ氏が持っているのはSession 77用に開発された7”の新ドライバーです。ご覧のように強力なセラミック・マグネットを持ちながら、コーン紙のロングストロークを確保することで、安定したダイナミックレンジと透明でクリーンなトーンを実現したスピーカーです。

P1150467

これに組み合わす高域用のツイーターは耳にやさしくスムーズなトーンが特徴の2.5″カスタムツイーター。この2種類のスピーカーを絶妙のクロスオーバー設定で組み合わせ、理想的な空間質量と強度を持つ新スタイルのキャビネットに収めました。

P1150471

このスペック、このサイズ、そして何よりもこの価格からは全く想像できない素晴らしいサウンドクオリティを実現したのがSession 77。今年1月のナムショー直後のUSAでのテスト販売での評価、評判は共に驚きのコメントが多数。期待感が膨らみます。(100W/4Ω、2×7″+1×2.5″ PJB Custom Speaker)

P1150334

平成28年5月の発売予定で、オープン店頭実勢価格¥45,000(税抜)。またまたPJBから新基準ベース・アンプの登場です。(Session 77製品サイト

pjbjapanバナー


PJBファクトリーで注目の製品をチェック中!

実は筆者は昨日夜、香港経由でメインランド・チャイナ、Dongguanに到着。今朝からPJBファクトリーを訪問しています。

到着早々にフィルジョーンズ氏に促されてチェックしたのは1月のNAMMショーで発表された大注目のSession 77。このモデルは新開発の7″スピーカーを2機+2.5″ツイーターを搭載した100Wのコンボベース・アンプ。

P1150380

ずばりコストパフォーマンスをコンセプトにして、価格を抑えつつもPJBプロサウンドのライブ用ベースアンプとして開発。フィルジョーンズ氏が自信を持ってオススメするのがこの”Session77”です。

P1150331

Gain, 3-band EQ, Master Volume, Aux Input with volume, Headphone Out, Line Outと必要最小限のコントロールと入出力。

P1150336

背面は電源ケーブルソケットのみ。

P1150339

1月のナムショー直後のUSAでのテストを兼ねた先行発売で、瞬く間に初回生産分が完売。現在、世界販売に向け、次の生産行程がスタートしたところです。

日本への初入荷は5月頃、Session 77の気になる価格はオープン店頭実勢価格で¥45,000(USAでは店頭実勢価格$399)を予定しています。今後の関連情報はこのブログ又はfacebookでご案内しますのでご注目下さい。

<NAMMショー時のレポート>
http://goo.gl/FvBZAs

<JESブログ>
http://jes1988.com/blog

<PJB英語サイト>
http://goo.gl/ywEhx2

pjbjapanバナー


2016NAMM速報-PJB史上最高のコストパフォーマンス!

フィルジョーンズのアンプといえば、ハイエンドな音質のプロ仕様アンプとして定着していますが、その音質の分、価格的に初心者には手の出しにくいモデルが多かったかもしれません。

しかし、今回NAMMで、ずばりコストパフォーマンスをコンセプトにした製品が登場。価格を抑えたPJBプロサウンドのライブ用ベースアンプ、それが”Session77”です。

6

装飾分のコストを抑えるため、見た目はシンプル。いつものPJBのプロ機器っぽい外見とは少し違います。ですが、これが逆にすっきりとしていい感じ!

S-77-2

出力100W、横幅40cm縦30cmほど。Bass CUBDouble Fourなどの、あっという程の小型ではありませんが、キャビネットが大きい分、自然な低音がしっかり鳴ってくれそうです。

コントロールはミュート及び入力ゲイン切り替えスイッチを含む本格的なもの。トーンコントロールにはBass CUBやDouble Fourで定評の3バンドを装備。AUX入力も備えます。

ノブはファンシーな感じで、ちょっとコスト削りすぎかなぁ、と思っていた処、発売されるモデルでは、もっとデザインの良いノブが採用になるとこのことで、一安心(?)s77-5

そして、特徴的なのがスピーカー。PJBの代名詞でもある5インチではなく、新開発の7インチを2発。そしてなんと初のツイーターも搭載しています。これによりハイの抜けは素晴らしく良いです。スラップの音も気持ち良い。

S-77-3

実は事前にPJBからの情報でコストパフォーマンスモデルが出ると聞いていたんですが、PJBサウンドが保てるのかなと心配でしたが、逆にびっくり。ワイドレンジで素直に良いアンプに仕上がっていました。低音も締まっており、チープなアンプのサウンドとは全く別物。反応の良さと音の締まりは妥協ないPJBサウンドそのものです。

気になる価格は、アメリカでのストリートプライスが399ドル。今までのPJBアンプに比べると半額とは言わないですが、それに近いぐらい安い価格です。この価格でもしっかりPJBサウンドですから、これは売れるでしょう。実際NAMMの会場でもかなりの受注が入った様子でした。

日本での発売は春頃を予定しています。価格も間もなく発表できると思いますが、この上のグレードのSuitcase Compactなどと比べると、かなり魅力的なプライスの製品になりそう。

S-77-1

Session77、こいつは今年の台風の目になりそうな予感がします!

pjbjapanバナー