The Back Hornベーシスト岡峰氏&ゴダンベース

4/21日に「戦う君よ」をリリースし、
7月にはワンマンホールライブを控えた”The Back Horn

鋭角的な口語を用いた退廃的な歌詞にアグレッシヴで破壊的なサウンドが 特徴と
形容されるThe Back Hornのベーシスト岡峰氏が最近ゴダンの最新モデル、
A4 Ultra Frettedを入手。

購入した都内某有名ベース専門店を経由して写真とコメントを頂きました。

この新シリーズのベースは残念ながら
今日現在ウェブサイトに製品案内がアップできていませんが、
興味のある人は以前のブログで紹介されたページを参照ください。▶こちらから

『レコーディングで無機質な音が欲しいフレーズがあり色々試したが、
ゴタンのレースセンサーピックアップのみの音がピッタリはまった。

ウォームなニュアンス が出るピエゾピックアップとエレクトリックな
レースセンサーピックアップで非常に幅広いサウンドメイクが可能だ。
ネックのグリップ感もプレベのように扱い やすく、生音もでかすぎず小さすぎず
家でアンプを通さずに練習やフレーズ作りの時に非常に便利。

オンでもオフでもいろんな幅を広げる身近に置いときたい一 本だ。
あと見た目もアコースティックなのにロックな雰囲気もあり愛着がわく!』

(岡峰光舟/THE BACK HORN)

The Back Hornについて
The Back Hornオフィシャルサイト


コメントは受け付けていません。