Tom Anderson新着情報 May.2017

Tom Anderson Guitar5月入荷のギターをご紹介いたします。今年からUSAで始まったローズウッドの輸出入規制で入荷がまだ大分遅れ気味ですが、そんな中、お陰様でTom Anderson Guitarのカスタム・オーダーは順調で現在は秋〜年末の受付となっております。興味のある方はお早めにTom Anderson Guitar特約店にお問合せ下さい。

——————–

今回まず最初にご紹介するのは、Drop Top Classic。カラーは名前の通り虎の目をイメージしたTigers Eye。スイッチは各PUのハム/シングルの切り替えとON/OFF、その全ての組み合わせをバイパスしリアダイレクトに瞬時に切り替える特にライブ時に実践的なSwitcherooスイッチングシステム。

ネックはメイプルをオーブン処理をすることでビンテージネックのようにエイジングされカラーはダークブラウンに。名前はChocolate Maple。そしてこのギターが今までに使われていない中南米産の指板材、Ziricote(ジリコテ)が採用されていいます。

ローズとエボニーの中間的な硬さで、ローズとウォールナットを混ぜたような外観。この材に関しては次の入荷時に詳しくご紹介いたします。

各ギターの納入先は下記です。気になる方はぜひ直接ご確認ください。

プレミアムギターズ様カスタム・オーダー品
DROP TOP CLASSIC, Tiger Eye Burst (3.4kg)


 

次のは2015年に新登場したこちらのモデル。

ビンテージSTファンの熱望で、Tomが再現したトリビュートモデルがIcon Classic/アイコン・クラシックです。ご覧のように1ボリューム、2トーンのオールドSTスペック。

最大の違いは0フレットで12″、12フレットで14″のグラデーションラディアス。ビンテージSTで問題となるハイフレットでの音の詰まりはなく、高域のサステインが気持ち良く出ます!

そしてオリジナルとの違いはこの2点止のWedgeネックジョイントシステム。ネックとボディの接地面積を増やすことによりネックとボディの一体感を高めることを目的とした独自の製法。極めて高度な精度が求められるトムアンダーソンならではの技術です。

このギターに搭載のピックアップはビンテージ指向を意図したVA7シリーズのシングルPU。言わばトムのST!ビンテージSTを意識するかどうかは別にしても、なかなかグッと来るあの骨太の枯れたサウンドです。言わば”いいST”を探しているギタリストにはぜひ試していただきたいモデルです。

当社JESカスタム・オーダー品
Icon Classic, Mellow Yellow (3.0kg)


 

前回の入荷時に十分に説明できなかったモデル。24フレット仕様でパールホワイトのピックガード付きのGuardian Angel(Flame又はQuiltトップ)のAlderボディバージョンが、Guardian Angel Playerです。1ボリューム、1トーン。ミニトグルは+6dBアップのVA Booster。ややボリュームがアップしファットなサウンドになります。

そしてこのモデルの大きな特徴はこの独特のフィニッシュ。ソリッドブラックに散りばめられた細かいシルバーフレイク。パット見、地味なようでライブ時に本領発揮です。ライティングが当たった時のことを考えたフィニッシュも色々とあります。後日特集でご紹介させてもらおうと思います。

当社JESカスタム・オーダー品
GUARDIAN ANGEL PLAYER, Starry Night Black (3.46kg)

トムアンダーソンギター特約店が独自のノウハウとテイストでオーダーするカスタムモデ ルとは別に、お客様自身が特注でオーダーすることも可能です。

・詳しくは、最寄りのトムアンダーソンギター特約店にお問合せ下さい。
・リクエストの多いTomのピックアップの製品案内ははこちらから。
・最新情報はこちらから:Tom Anderson Guitar U.S.A.サイト


コメントは受け付けていません。