Bakithi KumaloがPJBアーティストに!

NashvilleのSummer NAMMからのニュース。
Herbie Hancock, Cindy Lauper, Chaka Khan, Paul Simonなど多数のアーティストとの共演で知られる南アフリカ出身のベーシスト、Bakithi Kumalo(バキティ・クマロ)。彼がPJBアンプのモニターとなることが決定しました。すでに最近のPaul Simonのワールドツアーでも使用しています。

そのPaul Simonのライブで使用しているのは、サイズを越えたピュアサウンド&ハイパワー小型ベースコンボモデル、Suitcase CompactとエクステンションキャビネットのC4。今後も彼の活動を通じて(写真で持っているのはBass Cbu)色々なニュースをお伝えしていきます。

急遽決定したため、今回のPJBブースはかなり小さめ。

今回のブース展示は、D400のベースアンプヘッドに最新キャビネットCAB-47、Suitcase Compact+C4、最新ベースアンプで近日発売予定のD1000+C8、日本未発売の最新Roadcaseなど。1月のナムショーに続いて今回も実際の音を体験するとパーソナルモニタースピーカーのEARBOXはまたしても大注目。

最新製品情報: PJB JAPANオフィシャルサイト

Bass CubにミニベースがトレードマークでPJB史上最小ながらベストセラーのDouble Fourの使用がトレードマークのDonal Waughのデモ演奏。

1月に開催されるWinter NAMMと比べると規模は小さくなりますが、いつもは中々見れないような新しいメーカーの出展もあります。



Summer NAMM in Nashville!

ナッシュビルで開催中のサマーナムショーでPJBメンバーが勢揃い。The PJB Gang are at NAMM. Phil, Jes, Freda, Mike, Brian, Steve & Rick!

Patrickの弟、Simon Godinとゴダンブースで。

それぞれのブースの模様などをまたレポートして行きます。


Phil’s Private Studio-Vol.1

今日はフィル・ジョーンズベースの生みの親、フィル・ジョーンズ氏のセントルイス。明日からはナッシュビルなので、色々と交差すると思いますが、すでに色々と写真を取りすぎて大変な状態です。

仕事も趣味もプライベートもごちゃ混ぜの煮込みみたいのが音楽に関わる仕事。彼の自宅の地下は音響マニア、楽器や音楽マニアが夢見るような環境です。

(地下のスタジオへの入り口)

(もちろんベースを中心ですがギターも含め100本以上のコレクション)

(オーディオの機材にかける情熱も半端でなく、軽く数千万の価値が。ここで聴く音はとてつもなく超越したサウンドクオリティの世界)

(レコード、CDの棚。某著名アーティストの未発売音源など)

やはり優秀な製品を作るクリエーターは、日頃から良いものを研究対象としてだけでなく趣味としても取り揃え体験しています。この後もフィルジョーンズ氏の音楽やオーディオに対しての情熱を感じさせる物やことを順次レポートして行きます。

JESのFacebookページPJBのFacebookページでも現地レポートを紹介しています。

<P.S.>
11月11日(東京渋谷)11月12日(名古屋・J’z Studio)で開催するPJB15周年記念の”PJB Bass Festa 2017″(近日正式発表の予定)の告知ビデオと、7月7日から発売を開始したばかりのアクティブスピーカーシステムAirPulse A200に興味を持っている人にビデオメッセージをもらいました。こちらも近日アップの予定です。


PJBの本拠地セントルイスから現地レポート Vol.1!

昨晩フィル・ジョーンズ氏の本拠地ミズリー州のセントルイスに到着。数日滞在しサマーナムショーが開催されるナッシュビルに向かいその後ロスの旅程。

今朝は朝食後に健康がテーマの一日。

森の中を散歩、400kmにも渡る自転車専用トレイル、

その他にも古いものに新しいものが生まれる基本がある、ビンテージヘッドホン、ビンテージピアノ、オーディオのことなど、中身の濃い一日。

詳しくはJESのFacebookページ、とPJBのFacebookページをチェックしてください。