PJBベースキャビネットのビデオレビューが公開されました!

PJBの最新ベースキャビネットのビデオレビューがデジマートで公開されました!

4×7″+Tweeterで新製品のCAB-47、ベストセラーの4×5″ C4に加えて重量が3.5kgも軽量なC4 Liteの3モデルの比較ビデオレビューです。ベーシストに必見の内容です。

ビデオでご紹介の3モデルが入荷しました。最寄りのPJB特約店にお問合せください。関連情報はPJB関連ページでもぜひチェックしてみてください。


PJBのキャビが凄い事になっていた・パート3(スタック編)

PJBのキャビネットを比較するシリーズ、延長のパート3・スタック編をお届けします。

前回までのブログで、PJBの新キャビネット3種を比較しました。その時、実は新製品のCAB-47を2台を鳴らすというテストも行っていました。

結果としては、当然ながら音に余裕が出て、低音の迫力が増し、音量的にはほとんどのライブをこなせてしまえると思える程でした。2台積んでももごらんの通りの高さで、10インチ4発の2台積みとは比較にならないコンパクトさ。(写真では、テスト用にフロントグリルをつけ外ししていますが、同じCAB-47が2台積まれています)

頼もしいサウンドに満足したところ、一緒にサウンド・チェックを行っていた、ベーシスト・スレイタさんが一言。

「これも良いけど、コチラのC4とC4Lを混ぜて鳴らすのも良さそうですねぇ」

言われてみれば、なるほど。ライブの現場によって、キャビを使い分けてるベーシストも少なくありませんし、同じものを2台ではなく、キャラの違う2台を混ぜることで、求めるサウンドを作り出す事もあります。

というわけで、当初予定になかった、C4とC4Lを2台鳴らすというテストに突入!

結論から言うと、これがまた予想以上に良い感じでした。

単体でのトーンを踏襲していますので、CAB-47の2台スタックより、引き締まった硬質なサウンド。ただ一番硬質のC4にC4Lのトーンがミックスされる事で、よい意味で緩さと温かみが増して、音量がグンと上がり、いい化学反応が起きています。テスト会場の全員が、これはいいね!と絶賛してました。

写真ではC4Lが上、C4が下です。この逆も試してみましたが、このスタジオ環境では、こちらの方が良かったです。

小型キャビネットならではの、軽快な2段積。CAB47、C4、C4Lどれも素直なサウンドなので、組み合わせにも最適だとわかりました。スピーカーにこだわり、スピーカーから開発する唯一無二のブランド、それがPJBです。他の追従を許さない技術力の高さは、キャビネットをチェックすると、一際感じられますね。

PJBならではの機動性の高さが魅力的な3台のキャビネット、かなり要チェックな機材です。もちろん、他のキャビやアンプと組み合わせても、新しい広がりをもたらしてくれる事でしょう。一度お試しあれ!


PJBのキャビが凄い事になっていた・パート2(サウンドチェック編)

前回のブログで、CAB-47という新しいコンセプトのキャビネットの発売に伴って、PJBからスピーカー4発入りのキャビネットが立て続けに発売になり、ライナップが充実しまくっている事をお伝えしました(記事はコチラ

小型プロ仕様キャビネットという基本コンセプトを同じくする、この3台のキャビネット、さて音の違いははたしてどの様なものでしょう。

サウンドチェック用にはD-400ベースヘッドアンプを用意。400Wを発生するこの小型ヘッドは、サウンドチェックの前に見た目にもばっちり合っている事を先にお伝えしておきましょう。

写真は、左からC4, C4L, CAB-47。CAB-47だけスピーカーサイズが一回り大きいのがわかって頂けると思います。

ベースは標準的なフェンダー・ジャズベースを使用、アンプのセッティングは全てフラットにして、素直な音色で比較していきます。


■各キャビネットの印象■

CAB-47

スピーカー:4 x 7″ウーハー + 3″ ツイータ
インピーダンス:8Ω
耐久入力:300W
サイズ:430 (W) x 415 (H)  x 320 (D) mm
重量:17.5Kg
価格:オープン(実勢価格¥48,000)

7インチスピーカーの大らかな鳴りが楽しめます。豪快さと解像度の高さのバランスが取れている所はさすがフィル・ジョーンズ。音がぼやける事ない輪郭の大きなサウンドです。どんなジャンルでも楽しく鳴らせる感じで、あえて言えば、よりロック色の強いキャラといえるかもしれません。

ツイーターの威力はやはりスラップのプル音の抜けが心地よいです。元々フルレンジのツイーター無しのPJBキャビネットでも、5インチの小型スピーカーのスピード感溢れるプルの音が聞けましたが、ツイーターならではの歯切れのよい音は、今までのPJBのキャラとはかなり違います。

C4

スピーカー:4 x 5″フルレンジ Piranha
インピーダンス:8Ω
耐久入力: 400W
サイズ:360 (W) x 340 (H) x 320 (D) mm
重量:13.0Kg
価格:オープン(実勢価格¥48,000)

少し前から発売になっていたキャビネットですが、実は今回スピーカーが改良されています。まず見た目にスピーカーコーンの先端がシルバーの三角錐になり、それがグリルの奥から覗くルックスが格好いい!

サウンド面では、ベストセラーになった理由でもある、サイズを超えたタイトな重低音の迫力が一層増した感じ。スピーカー効率も上がっているという情報が入っており、音として実感できました。シルバーコーンのおかげか、高音の抜けもよく、PJBならではの締まった低音は、このキャビネットがやはり一番。このサイズでこの低音、しかも一切ダルさを感じないという恐ろしい(笑)コンパクトキャビです。

C4L

スピーカー:4 x 5″フルレンジ Neo Power
インピーダンス:8Ω
耐久入力: 400W
サイズ:360 (W) x 340 (H) x 320 (D) mm
重量:9.9Kg
価格:オープン(実勢価格¥48,000)

まず持った時の軽さに誰もが驚き。C4が登場した時も、軽さが好評でしたが、それを更に上回る軽さ。10キロを切って9.9kg。この数値になると、本当に軽く感じられます。まずそれだけで、このキャビを選びたくなる程でした。

音は、C4に近いものの、やはり軽さのせいか、少し中域にキャラが集まっている傾向。C4をウォーム寄りにした感じ。それでも十分にワイドレンジかつ、PJBならではのスピード感と正確な音程感は健在。このキャラは、アコースティックベースや、アップライトにも合うと思います。

 


さて、同じ価格、同じタイプのキャビとして登場した3モデルのサウンド・チェックを行った結果ですが、どれもPJBならではの音の輪郭がはっきりと分かるベーシストに嬉しいサウンドを持ちならがも、キャラの違いがしっかりと感じられ、どれも魅力あるモデルでした

正直、どのキャビネットを選んでも、アンプの音作りにしっかり追従してくれるので、狙った音を出すのに困ることはないでしょう。後はまったく好みになるので、これはお店でチェックしてみる価値ありですよ。ぜひお近くのお店に問い合わせて見て下さい。

これで、このテストは終了、、、、と思いきや、たまたまスタジオに来ていた、ベーシスト/ウクレレプレイヤーのスレイタさんの一言で、さらにテストが濃いものになったのです!

まさかのパート3<スタック編>につづく


PJBのキャビネットが凄い事になっていた(紹介編)

今月発売されたPJBのベース用キャビネットCAB-47は、早くも大反響。昨年発売されたコンボアンプSession77と同じく、PJB初のツイーターを搭載するキャビネットとして、早くから注目されており、入荷するなりPJBを扱うディーラーさんで試奏が絶えない様子です。

さて、まだまだ入荷して話題沸騰なCAB-47ですが、実は他のキャビネットもとんでもない事になっているのをご存知でしょうか?

上の写真をごらんの通り、CAB-47の入荷に合わせて、他にも2モデルが同時に入荷しました。どれもいわゆる10インチ4発の一般的なキャビネットに比べたら圧倒的に小型で、ベーシストにとって使い勝手が大変良いサイスです。

小型軽量のキャビネットが3種類もあり、それぞれにしっかりとしたコンセプトとトーンを持っています。嬉しいような、迷ってしまいそうなこの贅沢なラインナップ!

今回CAB-47と同時に入荷した2つのキャビネットを一気に並べて試奏する機会がありましたので、レポートしていきます。なかなか凄いことになっていますよ!


あらためて、今回比較するのは、以下の3モデル。

最初に紹介したCAB-47は、新しい7インチスピーカーと、PJB初のツイーター搭載キャビネット。今までのPJBサウンドとは異なる迫力と、ツイータによる心地よいハイ抜けが特長。

C4は2014年の発売以来、絶妙なコンパクトさと、サイズを超えたタイトな低音で大人気のキャビネット。今回の入荷からスピーカーがマイナーチェンジされ、よりワイドレンジでキレのよいサウンドになりました。見た目にも先端のシルバーコーンがイケてます。

そして、さらに新しいモデルとして登場するのがC4L。C4を軽量化した派生モデルです。C4自体もかなり軽量ですが、さらに軽量化することで、片手で軽々と持ち上げられる10キロ以下を実現しています。

フィルジョーンズベースといえば、小型軽量アンプが大定番となっていますが、他には真似のできない秘密の一つは、自社開発の高性能スピーカーにあります。

元々スピーカーデザイナーとして、70年代から多くの伝説を残してきたフィル・ジョーンズ。そのこだわりは半端ありません。

今回のブログはここまで。次回のブログで、じっくりと弾き比べ、サウンドとチェックとまいりましょう!

<サウンドチェック編につづく>